Maho20歳、Kei17歳、Riki12歳。イタリアで、一部ニッポンで、スクスク成長中。
by kotaro
我慢
我が家、子供同士の会話は、そのほとんどがイタリア語になってしまいました。
d0036978_0393717.jpg

バイリンガルの子供にとっては、二言語のうち、どうしてもどちらかが優勢にならざるを得ません。日本語もほぼ問題なく理解し、会話する娘たちですが、イタリア語と日本語の優劣は既に逆転してしまっているようです。

親の方からは、気をつけて日本語で話しかけるようにしています。それに対し、子供たちはイタリア語で答えてくることが多いのですが、構いません。日本語を使い続けるように気をつけています。でも、何かを叱る時などは、ついイタリア語に切り替えてしまうことが。

何も、親にとってイタリア語の方が楽になった訳ではありません。日本語で、早口にガミガミ怒っても、娘たち、特に長女(9歳)は口をポカ~ンとしていることが多いのです。一体全体こちらの言いたいことが分かっているか…。するとついこちらの言葉はイタリア語に。相手の表情を見て、分かりやすいだろう方の言語を選んでしまうのです。「言いたいことを分かって欲しい」気持ちが先走るがあまりに。

本当は、我慢強く日本語で怒り続けなければいけないと思うのですが。
[PR]
by kotaro_koyama | 2005-04-29 00:41 | バイリンガル
<< 重圧 ぷろんとぉ~ >>


カテゴリ
子育て
バイリンガル
旅行
比較文化
イタリア暮らし
スポーツ
料理とレシピ
日本放浪
回想
ビデオ

お気に入り

フォロー中のブログ
 フランス生活便り
写真のこと
食いしん坊の日記
スマイル&ショット
楽子の小さなことが楽しい毎日
R's memorandum2
フィレンツェ田舎生活便り2
*ちょっとコーヒーでも*
HEROのアナログな生活
絵本の王国 - IL ...
アンジェリーナのちょっと...
くーまくーま3
グルグルつばめ食堂
* Avanti * ...

以前の記事
2016年 04月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
more...

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧