塩豚ポトフ、かなり和風

再び、塩豚(肩ロース)の塊が冷蔵庫に寝かせてありました。もう4日前かな。1キロ買って来て、半分に切って、塩振って。

その間、子供たちが帰って来なかったお一人様食事が2回ほど。冷蔵庫から取り出して、一切れ切っては、豚ステーキにして食べてました。

ただ焼くだけなんだけれど、普通の生肉を調理したのとは、どこそこ違う。水分が少し失われて、ちょっと締まって、旨みが増した感じかな。ある意味、熟成肉なんだろう。残りの塊はまた冷蔵庫に入れておいた…

で、この日は、娘とその彼氏が居たので、肉を大きめに切って茹でることにしました。
野菜は、大根、白菜、じゃがいも、にんじん、葱。

大根や白菜、イタリアでも、たまに良いものが見つかるのです。

塩加減は、塩豚の塩味だけ。ほんの少し旨味が足りなかったので、顆粒昆布出汁を加えました。

これはポトフとは呼べないな。豚鍋?

娘の彼氏、「美味しい」とは言っていたけれど…

この繊細(微妙)な味、平均的イタリア人の舌にどう響くのかな。

塩豚ポトフ、かなり和風_d0036978_21333466.jpeg


残ったら、味噌を加えて、再利用…



Commented by kobacken at 2023-01-26 12:57
そこに酒粕!!
もう飽きちゃったかな?笑
Commented by kotaro_koyama at 2023-01-26 15:49
> kobackenさん
あ、この時はまったく考えませんでした、酒粕。
そうなんです。きっと数日前から飽きちゃってたから!
Commented by Keiko at 2023-01-28 03:25 x
白菜、大根が手に入るのですかぁ、羨ましい。
20数年前、中華レストランがブームだった頃は
こちらでも手に入ったのですが、最近はさっぱり見ないので
自分で栽培という手に出ましたが、
大根は上手くいきましたが、白菜はだめでした。
今年もリベンジしまっす。
名前
URL
削除用パスワード
by kotaro_koyama | 2023-01-26 04:19 | 料理とレシピ | Comments(3)

主夫と生活、ゴルフのこと。


by kotaro