第一号

『わたし熱があるの。37.5度だし元気なんだけれど他の人に移しちゃいけないから迎えに来てもらいなさいって・・・』

金曜日午前11時30分、Mahoからの電話。いよいよきたか、新型インフルエンザ。でもその程度の熱ならまだ分からないな、などと考えながら初めて娘の学校へ向かった。歩いても10分程の距離の近所。車だと旧市街をぐるっと一回りしなければならずかえって遠くなる。でももちろん車で行く。

人数が多すぎて本校舎に入りきらなくなってしまったMahoのクラスは、隣の専門高校に間借りをしている。校舎の周りがゴミだらけなこと、その専門高校の生徒たちが窓からゴミを投げてきたり、授業時間中に大声でからかってきたりすること・・・ いつも聞く情景に初めて色がついた。

『間借り』の文字通り、Mahoのクラスへ行くには裏の非常階段から校舎に入らなければならなかった。Bidella(用務員のおばさん)が笑顔でボクを出迎えてくれる。Mahoがだるそうな顔をして腰掛けていたのは、これまた『間借り』がお似合いの、寂れた小部屋だった。電話、コピー機が1台。娘を連れて帰るため、Giustificazioneに署名をする。遅刻や欠席をした時にその正当性を親と先生が確認するための小冊子だ。重いZaino(リュック)を背負ってやる。傷だらけの壁を眺めながら一緒に階段を降りる。

『ああダルい・・・ あっ、あの窓。あの窓からね、Geometri(測量技師高校の生徒)がゴミを投げつけて来るの。ほら見てよここ。ゴミだらけでしょ。あれっ、パパ車で来たの?』

娘に具合の悪いと言われて歩いて来るかね、といつもの如くひねくれた答えをする悪いボク。愛情表現がね、パパはね、素直じゃないんだよ。

帰宅。部屋を暖める。水を与える。寝かせる。半信半疑で様子を見ているうちにMahoの熱はグングン上昇、39.7度に達した。こりゃ間違いない、新型インフルエンザだ。3人も子供がいれば、遅かれ早かれ、だ。Mahoがまだ1歳の頃、初めて熱を出して、それがいきなり39度を超えていて夫婦共々大慌てをしたことが思い出される。あの頃は親も初々しかった・・・

d0036978_19115022.jpg

[PR]
Commented by 更紗 at 2009-11-22 21:28 x
Mahoちゃんお大事に!
はやくよくなりますように!!
Commented by at 2009-11-23 01:32 x
熱の上がり方が急だと聞いていますが、本当にそのようですね。
うちもそろそろかな〜。
病気の時は、何といっても休養、安静、そしていつもより少しだけやさしいパパとママ。
Mahoちゃん、お大事に!
Commented by Meg at 2009-11-23 19:20 x
その後、Mahoちゃんの具合は如何でしょうか?
日本のメディアを見ていると「新型」は物凄く怖いイメージがあるのですが、
実際はどうなのでしょう・・・。
やっぱり踊らされている気もするし、怖い気もするし。
ま、どちらにせよ早く元気なMahoちゃんに戻るといいですね。

昨日は突然のSOSに応えて頂いて、
本当にありがとうございました。
主人は久々に味わう「日本人の男同士」の時間を、
楽しんでいた様子です!?
Commented by kotaro_koyama at 2009-11-23 23:51
更紗さん> 早速のお見舞い、どうもありがとう!
Commented by kotaro_koyama at 2009-11-23 23:52
麻さん> 確かに熱が急上昇しました。39度を超えたらなんとなく心配で思わず解熱剤を与えてしまったけれど、むやみに解熱剤を飲ませるのも良くないらしいですね。自然治癒が一番だ、隔離・放置してます。
Commented by kotaro_koyama at 2009-11-23 23:56
Megさん> 昨夜は37度台、そして今朝はもう平熱に戻ってきました。新型、新型と身構えていた割には普通の風邪と変わらない雰囲気でちょっと拍子抜けしてます・・・ もしかしたらただの風邪だったのかもしれないけれど!
そうそう、昨夜はボクも久々に『オトコの時間』を味わいましたよ。子供なしで一杯飲ることなんて、ペルージャではまずないからね。短かい時間だったけれど良かった。仕事後の一杯を楽しみに、いつでもヘボ大工が伺うよとお伝えくださいませ。
Commented by R_bridge at 2009-11-26 23:31
こんばんは。お久しぶりです。娘さん、回復したようでなによりですね。
製薬会社に勤める研究者から一言。もしインフルエンザウイルスだったとしたら解熱剤はよくないです。いたずらにウイルスが増える環境を整えてあげているようなものですから。もちろん自然治癒が一番ですが、的確な診断をした後に適切な薬を処方するのもよいと思います。新型の症状に関しては、メディアの報道はともかく、専門家は「過度に恐れる必要はないが、通常の季節性よりは病原性が高いことは確か」と言っています。うちは長男が陽性になりましたが、高熱は出ず、リレンザで回復しました。お互いに注意したいですね。
Commented by kotaro_koyama at 2009-11-27 22:42
R_bridgeさん> お久しぶりです!もうブログをおやめになったのかと思ってました!解熱剤の悪影響についてはネットで色々と読みましたが、こうして改めて研究者の方から一言いただくとまた一安心。御陰さまでMahoは回復しました。本当に「新型」インフルエンザだったのかどうかは不明ですが、周囲でかかった人たちなどの話を聞いても通常のインフルエンザと比べてそれほど大騒ぎすることもないのかなと思いました。でもあれだけ、あのように、マスコミで取り上げられるとどうしたって過敏になってしまいますよね。我が家はあと二人チビが居りますので少しだけ緊張の冬がまだまだ続きます・・・
by kotaro_koyama | 2009-11-22 19:00 | イタリア暮らし | Comments(8)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31