Maho20歳、Kei17歳、Riki12歳。イタリアで、一部ニッポンで、スクスク成長中。
by kotaro
馬鹿な遊び
地面に開いた穴に小さな玉を転がし入れる。ただ、それだけのこと・・・

d0036978_21364685.jpg

[PR]
# by kotaro_koyama | 2014-06-05 21:38 | スポーツ
リセット
週末のゴルフの試合、またもや思ったような結果が出せず眉間に皺を寄せながら居残り練習をしていると、「パパ、今日はどうだったの?」とRiki。「今日 "も" 駄目だったよ」「スコア見せてよ・・・あ、この前より一打いいじゃない!バーディはないけどたくさんパーを取ってるし。Dai papi, pensa positivo! ポジティブに考えなきゃ!」

そうだよね、その通りだよね、ネガティブなことは後ろに置いて、忘れて、前を向いて歩いて行くのがゴルフだよね。いや、人生だよね。うん、今からまた視線を上げるよ。姿勢を正して。笑顔と元気をありがとうね、Riki。
d0036978_15413213.jpg

[PR]
# by kotaro_koyama | 2014-05-26 15:52 | イタリア暮らし
生まれ変われるのなら。
ゴルフの深淵にますます落下して行くお父さんに連れ回されるRikiは幸せ者です。だってだって、アメリカ、いや、世界でも五本の指に数えられる名コーチのクリニックにさりげなく紛れ込んでスイングを見てもらえるなんて・・・ 僕も、僕みたいな遊び人のお父さんの子供に生まれたかったよ!
d0036978_03403160.jpg

[PR]
# by kotaro_koyama | 2014-05-22 03:57 | イタリア暮らし
自信
d0036978_20180856.jpg「ぼくって団体スポーツには向いてないからね・・・」

「え?でもリキって一人で遊ぶよりお友達と一緒の方が好きでしょ?」

「うーん、そうだけど・・・」

バスケットボールを続けているリキですが、もともと運動神経に優れている訳でもないし、いつもニコニコ、すぐに他人に譲ってしまうその優しい性格も手伝って、試合中はなかなか思うようにボールが回って来ません。

少し成長して、徐々に上手な子と自分との差、自分の実力に気付いて来たのかな。以前はそんな「差」になんかちっとも気付かず、気にせず、満面の笑顔でボールを追いかけ回していたのだけれど、オトナになってきたのかな。いい意味でも悪い意味でも。

「ぼくにはゴルフの方がいいかもね」

先日、とても上手なカルロおじさんにちょっとしたコツを教わって、いいボールが打てるようになったリキ。自分で自分が打った球の行方にビックリしていました。

帰宅してからも居間でゴルフクラブを振り回し、パターで遊ぶ。周囲に認められて、自分にちょっと自信が生まれるとどんなことでも楽しくなるし、きっと上達も早いのだろう。バスケットでもゴルフでも何でも、そんなきっかけが大事なんだろうな。

「カルロ、パパと逆のこと言ってたねえ」

ん?そうかもねえ。ま、いろんな教え方があるからさ・・・ 第一ね、君は既にパパを超えているんだよ!

[PR]
# by kotaro_koyama | 2014-05-03 20:46 | イタリア暮らし
気持ちだけは。
d0036978_18043411.jpg最近、洗濯洗剤の代わりに使っているのが、「noci lavatutto」なる製品。"なんでも洗っちゃう木の実"、英語圏では「ソープナッツ」という名称で売られているみたい。

Nociっていうとイタリアでは大抵クルミを指すのだけれど、調べてみると、これはムクロジ科という木の実を使っているようだ。ネットには、「この種類の実にはサポニンを含むものが多く、石けんのように・・・」とある。ちょっとベタベタした小さな焦げ茶色の殻で、酢のような独特の匂いがする。これを数個ネットに入れて洗濯機に放り込むだけ。二三回再利用できると書いてある。

当初、ほんとに汚れが落ちるのかなあ、と半信半疑だったけれどちゃんと洗えている様子。たぶん。そして洗濯後、その酢のような匂いは残っていなくて、何よりも天気の悪い日、部屋干ししても臭くならないのが不思議で有り難いのだ。合成洗剤を垂れ流しにしなくていいし、木の実だから使った後は自然に帰るわけで、ボクってエコだねえ!と自己満足しているのだけれど、あ、でもね、30度以下では効果がないらしい。洗濯機の温度を上げなきゃいけないということはそれなりに電気も使い・・・ 

まあね、現代人は地球にやさしく生きることなんかできない訳で。日本の洗濯機には温度調節ないですよね?最近はあるのかな?我が家はいつも40度で回してます。60度でも、80度でもいいんだけれど、なんとなく、40度。

[PR]
# by kotaro_koyama | 2014-04-28 18:16 | イタリア暮らし
不幸中の。
ウンブリア州ゴルフ協会が主催した子ども向けのゴルフ教室。九月まで隔週で開催、参加費用はたったの50ユーロとあって、Rikiも遊びに行くことに。いつもはオトナたちにばかり囲まれているゴルフだけれど、この日はたくさんの子どもたちに出会えるとあって少々緊張しながらも楽しみにしていたんです。ところが・・・

レッスン中、他の小さな子供が振り上げたクラブが左目の下を直撃。涙の流血騒ぎになってしまったのでした。一歩間違えればたいへんな事になっていたかもしれない・・・お父さんはこんな遊びに引きずり込んだことを後悔してちょっと落ち込んでしまいました。

「切れて血が出て逆に良かったよ。さもないとひどく腫れ上がっただろうからね。氷で冷やすだけで十分だ」

近くでプレーしていたお医者様がすぐに具合を見てくれて一安心。なんだかんだ言ってやっぱりお金に余裕のある人が集まりやすいゴルフ場。医者があっちにもこっちにもいて、こういう時にはたいへん便利なのです。そう言えば弁護士もたくさんいるし、そうだ、相手の子供の親を相手取って・・・いえいえ、不注意だったのは恐らくRikiの方。ボクはそんなモンスターペアレントにはなりません。これを機にもう少し周囲に気をつける子になることを願うばかりです・・・
d0036978_21560805.jpg

[PR]
# by kotaro_koyama | 2014-04-23 22:13 | イタリア暮らし
sintonia
弟撮影による姉の表情。お父さんの時とはやっぱり少し違う気がする・・・
d0036978_17453499.jpg

[PR]
# by kotaro_koyama | 2014-04-22 17:49 | イタリア暮らし
真実
学生の試験勉強のように先延ばしにしていた翻訳作業、イライライライラ、子どもたちに当たりながらようやく終了。そのせいかな、今日、Rikiはボクの携帯をいじりながら、「お父さんいつもありがとう。お仕事がんばってね」ってメモ書きに残してくれました。ん、仕事?あー、ゴルフね!パパの仕事はゴルフなんだから。分かってるよね?って言ったら困った顔しちゃって。いや、ほんと。そうなんだから。勘違いしないでよね。
d0036978_05030558.jpg

[PR]
# by kotaro_koyama | 2014-04-19 05:08 | イタリア暮らし
充電開始
復活祭のお休みが始まりました。今年は、どこにも行く予定なし、こんなの初めてかも!我が家は朝からまったり・・・ お父さんはゴルフへ行きたくてウズウズしてます。でも明日締め切りの仕事が・・・!
d0036978_19383091.jpg

[PR]
# by kotaro_koyama | 2014-04-17 20:15 | イタリア暮らし
冷静と情熱の間で
普段は所属クラブのコースで一人黙々と練習をして、週末の試合に硬い表情で挑むばかりの僕ですが、この日は友達とリラックスゴルフ。シエナ近郊の素敵なゴルフ場、天気にも恵まれました。リラックス、とは言ってもそこは負けず嫌いのイタリア人たち。四人だったので、二人一組になって「フォーボール」形式で勝負をしたのですが、なにしろ勝ちにこだわる。日本語には存在しない口の悪さも手伝って、熱い熱い!ただの「遊び」だけれど、とことん勝ち負けにこだわるとその遊びがもっと面白くなるんだあ・・・ このこだわりを見習れば僕ももっと強くなれるかも・・・ アツいイタリア人の争いの横で、オトナシい日本人はニコニコ穏やかなプレーを続けたのでありました。あ、もちろん僕たちの組が勝ちましたよ!アツいハートも大事だけれど、冷ややかなアタマが欠かせません。ゴルフには。
d0036978_17022029.jpg

[PR]
# by kotaro_koyama | 2014-04-15 17:30 | スポーツ
宣言
d0036978_20152718.jpg「フライト」を見た。デンゼル・ワシントンが、アルコールとドラッグ依存のパイロットを演じた映画だった。どうしても止めなきゃいけない状況に追い込まれているのに、ついボトルに手を伸ばしてしまうその気持ち・・・ 僕は、ドラッグはやらないし、別にそこまでひどいアルコール依存でもない(と思う)し、どうしても飲酒を止めなきゃいけない訳でもないのだけれど、なんだかひどく心に響いてしまって、最近お酒の量も多かったし、ほんとに毎日飲んでいたし、メンタルコントロールが大事なゴルフに入れ込んでいるくせにこれくらいの事ができなくてどうする、ってことでしばらくお酒を止めることにした。

「お酒止めるよ」お父さんの言葉に子どもたちは半信半疑。「危険なのは買い物なんだよね〜。スーパーへ行くとついついお酒コーナーに行っちゃってさ。その後料理をしていると飲んじゃうんだよね・・・」って呟いたら、「今度から私が行く!」と言いながらKeiは、台所のあちらこちらの戸棚を開けてお酒のボトルがないかをチェックしている。「そこはぼくもさっき見たよ!」とRiki。なんだか本当にアルコール依存症であるような気がしてきて嫌になった。

最後の赤ワインを終えてから、今日で四日目。なんとなく「壁」は乗り越えた気がする。一番辛かったというか、落ち着かなかったのは最初の晩、いや二日目の晩か。水やらジュースやらをガブガブ飲んで、果物食べまくったらお腹を壊す始末。

子どもたちとの約束では、週末のゴルフの試合の後のワイン一杯だけはいい、ってことになっているんだけれど、どうもそれを飲んでしまうとかえって苦しくなりそうだ。明日日曜日試合があるけど・・・ 我慢してみようか。

それにしてもお酒を飲んでいた方が体調が良いように思えるのは気のせいか。

[PR]
# by kotaro_koyama | 2014-04-12 20:31 | イタリア暮らし
サバイバル
ゴルフシーズンが本格的に始まり、週末は子どもたちを見捨ててしまうお父さん。とは言え、もちろん朝昼のご飯はちゃんと作り置いてから出かける。冷めても不味くないような料理。なぜって我が家には電子レンジがないのである。Keiはイタリアという国には電子レンジが売っていないと思っていたらしいから笑える。フレンチトーストとか、鶏肉のグリルとか、スペイン風オムレツとか・・・ 冷めても不味くないはず、ではあるがそれでも温かいお皿が欲しい時もあるのだろう。昨日試合から帰って来ると、Rikiが嬉しそうに「けいちゃんがパスタインビアンコ作ってくれたの!」ソースなし、パルメザンとオリーブオイルだけの素パスタ、弟の大好物を作ってあげるお姉ちゃん。「最初はね、お塩が足りなくて不味かったの。で、りきがもっと食べたいって言うからもう一回作ったら上手にできたよ!ちょっと作りすぎちゃったけどね!」「もうお腹いっぱい、夕ご飯いらな〜い!」そうかそうか、じゃあ夜は果物だけでいいか・・・ 親の不在中、そんなおままごとをするのも楽しいのだろうなあとお父さんは勝手に良い方向に解釈しながら散らかった食卓と台所を片付けるのであった。
d0036978_16242578.jpg

[PR]
# by kotaro_koyama | 2014-04-07 16:39 | 子育て
わたしは15歳。
思春期の娘とお父さんは、何かとぶつかったり、距離が離れたりすることが多いらしい。我が家もそれなりにぶつかることが増えて来たけれど、それでも仲良くやってます。だってお前のパンツ洗ってアイロンかけてやってるんだぞ、何も文句は言わせない! ・・・あ、すみません、強気に出て・・・ お誕生日おめでとうございます。これからもどうぞよろしくお願い致します。
d0036978_16244877.jpg

[PR]
# by kotaro_koyama | 2014-03-24 16:28 | 子育て
悪夢
Rikiがもう30歳くらいのおじさんになっているんだけれど、ボクの膝の上に頭を乗せている。それでボクが歯を磨いてあげている。Rikiは当然のようにニコニコと口を大きく開けて・・・ なんとも恐ろしい夢を見た。まだまだ歯磨きの仕方がヘタクソだし、歯の矯正金具はついているし、虫歯になって欲しくないから、ついつい「仕上げはおとうさ〜ん」を続けてしまっているけれど、この悪夢が正夢にならないようにもうやめることにするよ・・・ お願いだからちゃんと磨いてくれ!
d0036978_01020421.jpg


[PR]
# by kotaro_koyama | 2014-03-18 23:43 | 子育て
新世界へ
長女Mahoが日本の高校を卒業した。離れて暮らしているから卒業式に参加することはできなかったけれど、仲良しになった友達や後輩と写る笑顔の写真を見てしばし感慨に耽った。本人からも「この高校に送ってくれてありがとう。最初は本当に辛かったけれど、今は感謝しています」のメッセージが届いて、三年前に僕たち親が取った選択肢が良い方向へ進んだことに安堵した。四月からは日本で大学生。ますます見聞を広めて豊かな人間に成長して欲しい。おめでとう。そして・・・ 子育て一人目終了ということでよろしいか?お父さん、お母さん、お疲れさま。
d0036978_17393879.jpg
(写真はMahoの友人撮影のもの。著作権侵害させて頂きました)

[PR]
# by kotaro_koyama | 2014-03-16 17:41 | 子育て
御会計
雨はよく降ったものの、「冬がなかった」と言ってもいいくらい暖かい日の続いたペルージャ。我が家でも例年ほど暖房はつけなかったけれど、Rikiはしょっちゅう長風呂していたし、ガス代はなんだかんだと結構な額になっているだろうなあと覚悟していたら案の定、開けてビックリ、の二ヶ月561ユーロのご請求。むうっ、って唸りながらフェースブックを散策していたら、同じ街に住むイタリア人の友人が「596ユーロの請求に卒倒」と投稿しているのを発見。それに次々と絡む友人、また友人。「うちは540ユーロ、負けたわ!」「俺んところは613ユーロ・・・」「私のところへはまだ請求が来ていないのよ、とっても心配になってきちゃった」そっかあ、ケチなイタリア人はもっと暖房に気をつけていると思ったんだけれど、皆結構使ってるんだ・・・ なんだか妙に安心してしまいました。皆と同じだっていう安心感。SNSってこんな時にも役に立つんだな。
d0036978_23224422.jpg

[PR]
# by kotaro_koyama | 2014-03-11 23:26 | イタリア暮らし


カテゴリ
子育て
バイリンガル
旅行
比較文化
イタリア暮らし
スポーツ
料理とレシピ
日本放浪
回想
ビデオ

お気に入り

フォロー中のブログ
 フランス生活便り
写真のこと
食いしん坊の日記
スマイル&ショット
楽子の小さなことが楽しい毎日
R's memorandum2
フィレンツェ田舎生活便り2
*ちょっとコーヒーでも*
HEROのアナログな生活
絵本の王国 - IL ...
アンジェリーナのちょっと...
くーまくーま3
グルグルつばめ食堂
* Avanti * ...

以前の記事
2016年 04月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
more...

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧