Maho20歳、Kei17歳、Riki12歳。イタリアで、一部ニッポンで、スクスク成長中。
by kotaro
<   2013年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧
初滑り
今日は、ペルージャの守護聖人である聖コスタンツォの日。イタリア全国的には、ごく普通の平日ですが、ここペルージャの街にとっては祝日です。とは言っても、近年ではお休みになるのは学校だけ、商店などは普通に営業している微妙な一日。

「あー雪が降らないかなあ!雪、雪!」とうるさい子供たちを黙らせるために、このお休みを利用して日帰りスキーに行ってきました。ペルージャから車で一時間半のひなびたスキー場。

ボク達の気分はすっかり祝日だけれど、世間は平日。着いてみればやっぱりガラガラでした。リフトも1本しか運行していない。それもそのはず、だってゲレンデには10人くらいしかスキー客がいないんだもん・・・

リフト券大人15ユーロ、子供10ユーロ。昼食に30ユーロ。ガソリン代が約30ユーロ。〆て約一万円の日帰りスキー。子供たちには大満足して頂きました。

d0036978_4165627.jpg

[PR]
by kotaro_koyama | 2013-01-30 04:42 | イタリア暮らし
頭の中は
「え!わたし日本語駄目になってきちゃったのかなあ・・・ 今、パパとRiki、『新しい』って言ってたでしょ?一瞬、その言葉が分からなかったよ!A Ta Ra Shi Iって、ただの音の羅列に聞こえた・・・」

なるほどねえ。バイリンガルに育つとそういうこともあるかもねえ。でも心配御無用!パパなんて、昨日、Rikiに漢字を教えている時、『助』の文字を一瞬思い出せなかったんだから! って、ちょっと違うか・・・。

d0036978_525141.jpg

[PR]
by kotaro_koyama | 2013-01-28 05:35 | バイリンガル
あと一歩。
d0036978_1712438.jpg「パパ、誕生日プレゼントに何が欲しい?」

「なんにもいらない。恵ちゃんが怖い顔しないで笑顔でいてくれればいいよ」

「ははは・・・。じゃあ明日の朝は、起きちゃ駄目。わたしが朝ご飯用意するから。それにリキの服もおやつも準備する。分かった?」

「はいはい」

「・・・で、何が食べたい?」

「何がって言われても、いつもバールでコルネットとコーヒー飲むだけだからなあ」

「分かった!サンドイッチ作ってあげる。バールでカプッチーノも買ってくるね!」

こうしてボクの四十六回目の誕生日は、ボリュームたっぷりの手作りサンドイッチで幕を開けた。

レタス、ゆで卵に、手作りマヨネーズで和えたツナ、ボクの好きなマスタード。マヨネーズは前の日に作り方を教えながら手伝ったけれど、あとは全部自分で考えてやったらしい。

朝五時半に起きてゴソゴソ、ツナ缶で指を切って血を流しながら、たくさんの具を挟んだ一品。手に持って頬張ると、卵やツナがこぼれ落ちて来る。美味しい!

それからイチゴとバナナ、リンゴにオレンジで作ったマチェドニア。

Keiがよしもとばななの作品を読み始めて、「ばなな」って変な名前ねえ本名かしら、なんていう会話から彼女のHPを見つけ、その中にあった12月の日記に甚く共鳴した。曰く、『人間には「慣れる」大きな力がある。でも今の自分の生活の中でやっていることを自分が慣れて受け入れているだけなのか、好きでやっていのかを見極めるのはとても難しい。慣れているから受け入れてしまっていることの中に、人生を変える秘密が潜んでいる。あくまでも、もし変えたければだけど』

イタリアに暮らしてもう17年。そしてあと4年で50歳。46っていう数字には別に驚かないけれど、50っていう奴にはちょっと恐怖すら覚える。17年前、30を目の前にして感じた思いに似ているかもしれない。30歳になる前に人生を方向転換したいと切に考えたあの気持ち。

子供たちもいるし、今からまた国を変えるとか、そんな大きなことは考えていないけれど、でも、もう一つ外へ。慣れきってしまったこの枠を見直して、外して、あと一歩前へ。小さな奥さんに見つめられながらそんなことを考えた朝だった。
[PR]
by kotaro_koyama | 2013-01-23 18:32 | イタリア暮らし
永遠にラーメン作ってぇ
d0036978_16453961.jpg「やったぁ、全部覚えられたぁ!」

歓声とともに廊下を走りやって来る足音。

「パピ!この詩を聞いて題名を当てなさい!」

Sempre caro mi fu quest'ermo colle,
e questa siepe, che da tanta parte
dell'ultimo orizzonte il guardo esclude.
Ma sedendo e mirando, interminati
spazi di là da quella, e sovrumani
silenzi, e profondissima quïete
io nel pensier mi fingo, ove per poco
il cor non si spaura. E come il vento...

「L'infinitoだろ」

「えー知ってるの!?悔しい!じゃあ作者はだーれだ?」

「Leopardiでしょ」

「えええっ、くっそー!」

「それではレオパルディはどのような気持ちでその詩を詠んだのでしょーか?」

「え・・・あ、ちょっと待ってよぉ・・・」

ふっ、お前もまだまだだな。
[PR]
by kotaro_koyama | 2013-01-22 16:58 | イタリア暮らし
やっぱり和食に限りますねぇ!
d0036978_3342895.jpg今年の九月には高校生になるKei。昨日、市内各高校の出張説明会があった。「パパも来なきゃ駄目」って言うから顔を出したけれど、大勢の子供たちの壁に阻まれよく話も聞こえないし、それほど実のある内容でもなさそうだったから「よく聞いておきなさい」と早々に退散させて頂いた。

その後、各高校のパンフレットを持ち帰って来たKei。ワイン醸造やホテル経営学などの専門高校などにも目を開き、「こういうのも面白そうねえ」と真剣な顔で検討を始める。いつもの「わたしはMahoみたいに日本の高校行くの!」の一点張りじゃなくて、真剣モードで将来を考えているので、こちらも真面目に対応する。・・・専門学校を一概に否定しないけれど、よほどその分野に強い興味とか夢がないのなら、Keiはいい成績残しているんだし、普通高校へ行った方がいいんじゃない? ・・・日本の高校だけれどね、Keiみたいな性格の子は日本へ行っても頑張るだろうから心配はしないけれど、でもね、「今よりももっともっと」頑張らないと自分の満足する、つまり大学推薦を貰えるような成績は残せないのが現実だと思うよ。普通に筆記受験で大学合格はまず無理だと思うし。せっかくイタリアの学校で成績が良いのだから、こちらの高校でそれをキープし続ける方が楽だし、勉強という意味では、もしかしたらこちらの高校の方が中身が濃いかもしれないよ、もちろん日本の高校はクラブ活動や文化祭などイタリアにはない良さがあるし、それを経験させてあげたいとは思うけれどね、日本の高校に一年留学みたいな形で「遊びに」行ければいいんだけど、でも君は日本人だからなあ・・・ みたいな話を始めたら、涙をぽろぽろ流しながら、「わたしやっぱりイタリアの高校で五年間頑張ろうかな・・・」なんて呟いて。

まあまだどちらとも決めつけないで、今の所は五年間イタリアに残るつもりで高校選びをしようね、ってことでお話は終わったのだが、十三歳なりに一生懸命将来を考えている姿がなんとも健気なのだった。
[PR]
by kotaro_koyama | 2013-01-21 03:39 | イタリア暮らし
道程
Rikiの歯の矯正、順調に進んでいます。上前歯四本が奇麗に揃って来たところで、今日はまた次の段階へ突入。奥歯から長い針金をつないで、これからは歯並びに曲線をつけていく訳です。「ぎゃはは〜っ!なにこれぇ?わたしこんなのやったっけ?」大笑いするKeiだけれど、もちろん君も、Mahoも、みーんなやったんだよ。長い長い約三年間の矯正。Rikiはようやくその三分の一を終えたところ。美しく生え揃ったRikiの歯なんて想像できないけれど、いつかは、いずれはその日が来るんだよなあ。

d0036978_2572416.jpg

[PR]
by kotaro_koyama | 2013-01-17 03:11 | イタリア暮らし
再始動
日本から帰って来て一週間が経つと言うのに、未だ八時就寝四時起床という毎日。かつてなく時差ぼけを引きずっています。Riki一人だけはイタリア時間に合って来た様子だけれど、Keiは夜明け前からゴソゴソ活動開始。何をしてるんだろう、と部屋を覗くと・・・ 「早起きは三文の得ですねえ」大好きなクレヨンしんちゃんを真似た口調でニコニコ顔。朝からテスト勉強してました。

d0036978_1103844.jpg

[PR]
by kotaro_koyama | 2013-01-13 01:28 | イタリア暮らし
謹賀新年
どうぞ素敵な一年になりますよう!

d0036978_22403598.jpg

[PR]
by kotaro_koyama | 2013-01-01 22:44 | 日本放浪


カテゴリ
子育て
バイリンガル
旅行
比較文化
イタリア暮らし
スポーツ
料理とレシピ
日本放浪
回想
ビデオ

お気に入り

フォロー中のブログ
 フランス生活便り
写真のこと
食いしん坊の日記
スマイル&ショット
楽子の小さなことが楽しい毎日
R's memorandum2
フィレンツェ田舎生活便り2
*ちょっとコーヒーでも*
HEROのアナログな生活
絵本の王国 - IL ...
アンジェリーナのちょっと...
くーまくーま3
グルグルつばめ食堂
* Avanti * ...

以前の記事
2016年 04月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
more...

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧