Maho20歳、Kei17歳、Riki12歳。イタリアで、一部ニッポンで、スクスク成長中。
by kotaro
<   2012年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧
intervento chirurgico
d0036978_16273992.jpg歯科矯正を開始してもう二ヶ月近くが経ちます。

今は上顎に、拡大床というのかな、永久歯が生えてくるスペースを作るための針金が取り付けてあるだけ。特に痛がることもなく今のところRikiの涙を見ずに済んで・・・

いやいや。やっぱり涙は見ました。この拡大床、針金がスプリングのようになっている部分が曲者で、食べかすが絡み付いてしまってなかなか取れないのです。その絡み付いた食べかすのせいで、「おえっ!」となってしまって、取り付けた当初は何回か吐いてしまい、涙目に。パパのイライラも誘ってよけい涙目に。

その「おえっ!」が見たくなくて、なるべく繊維質の少ない、絡みにくい料理をするようにしていたんだけれど、そんなことまで考えていたら使える食材がかなり限られてしまう。もう止めました。だいぶ慣れて来たようでもあるしね。

その代わり食事の後には一仕事が待っています。ピンセット、爪楊枝、細くて毛先の長い専用歯ブラシ、を総動員。明るいランプを照らして膝枕。

「ほら!もっと口大きく開けて!舌下げて!」

「おえっ・・・」

さて今日も一仕事かな。あ、ニョッキなら大丈夫だ。Rikiの大好きな、具のない素ニョッキだし!
[PR]
by kotaro_koyama | 2012-02-29 16:54 | イタリア暮らし
スカウト
"La ragazzina è veramente brava. E' sveglia..."
いつもの水球の練習が終わると、コーチが僕を呼ぶ。「あの子はほんとに上手だよ。本格的な水球チームで練習させたい。まずは明日、試しに」と言う。水球なんてマイナーなスポーツでも、いやどんなことにおいても、自分の子供がそんな風に評価されるというのは嬉しいものだ。音楽やスポーツ等で自分の子供に入れ込んでしまう世の親の気持ち、よく分かる。

自分のことを認められているのを知って、Keiももちろん嬉しいらしい。でも練習量が増えるとなると学校の勉強との両立が・・・遊ぶ時間も少なくなるし・・・と乗り気ではない様子。パパとしては頑張って欲しいんだけどなあ。あ、「頑張らなくていいよ」って言ってたんだっけ・・・


[PR]
by kotaro_koyama | 2012-02-27 19:03 | スポーツ
Weekend BBQ
いつもと同じお肉なのに、炭火で焼くと、外で食べると、なんでこんなに美味しくなるんだろうね!

d0036978_8254311.jpg

[PR]
by kotaro_koyama | 2012-02-27 08:31 | イタリア暮らし
UnoBello
ボクも水球始めたんだよ!


[PR]
by kotaro_koyama | 2012-02-24 15:52 | ビデオ
習作
強風の吹き荒れる寒い夕暮れでした。


[PR]
by kotaro_koyama | 2012-02-23 16:17 | ビデオ
謝恩
そうか、日本ではもう学年末なんだよね。赤ペン先生、ありがとう。Rikiは今年も頑張りました。

d0036978_22385787.jpg

[PR]
by kotaro_koyama | 2012-02-22 22:41 | イタリア暮らし
発酵中。
d0036978_18301855.jpg日本でタイ料理店を経営する先輩の所で初めて食べたイーサン地方のソーセージ。
「この酸味はお米を混ぜて発酵させるからだよ」と教えられて以前からチャレンジしてみたかったんだ。

行きつけの肉屋で買ういつものサルシッチャに、炊いた白米と、ニンニク、赤唐辛子を混ぜて、よく練って、練って。肉屋の親父は、「持ってくればまた腸詰めにしてやるよ」と親切だったのだけれど、今回はサランラップでくるんでみた。まるでキャンディみたい・・・

・・・

三日目の朝。いい感じに酸っぱい匂いがし始めてる!これってちゃんと発酵しているってことだよねえ?それとも腐ってるの?

うーん、我慢できない。一本だけ味見・・・ちょっと怖いのでよく焼こう・・・

うーん・・・ 「おいしー!」
[PR]
by kotaro_koyama | 2012-02-21 19:10 | 料理とレシピ
集中リキ
d0036978_17183466.jpg本棚に並ぶ古い本。Rikiがニコニコと眺めていたので、「面白い本たくさんあるよ」ってけしかけたら、素直に乗って来た。

日本語の本を選ぶかな、それともイタリア語かな、と思って見ていると、

「あれ取って!えっと、『エルマーのぼうけん』と、『エルマーとりゅう』と、『エルマーと16ぴきのりゅう』」

パピィ読んでぇ、ってねだられたのだけれど、ちょっと待って後でね、って逃げたら、自分で本を開いて読み出した。椅子に座って、何とも正しい姿勢で没頭している。ボクがふざけて紙袋を頭にかぶせても微動だにしない。

ご飯だよ、って呼んだら、ふうって大きくため息をついて、「もう48ページも読んだよ!」

そして夕食の後、今度はベッドへ入って、またエルマーの世界へ。紙袋はかぶったまま。朗読してあげるつもりだったけれど、放っておいた。

そして「もう寝なさい」の頃には、116ページを完読、二冊目に突入していた。

abc、あいうえお。文字の分け隔てなく楽しめるRikiが羨ましい。そのまま、そのまま、真のバイリンガルに育ってくれるといい。
[PR]
by kotaro_koyama | 2012-02-17 17:41 | バイリンガル
My funny Valentine
d0036978_2124314.jpg昨夜、Kei。

「パパ、明日の朝バールで何かバレンタインのもの買って来てくれる?」

「アホか!そんなの自分で買いに行け!」

「ちがうちがう、パパが私にプレゼントするの」

日本では、娘に手作りチョコをプレゼントされるお父さんが多いみたいだけどねえ・・・

毎朝行くバールのショーウインドウに並んでいた、何の変哲もないBaciのチョコレート。くまさんのキーホルダー付き。

久しぶりに、元気に学校行って欲しいしね。

My funny Valentine
Sweet comic Valentine
You make me smile with my heart...


こんな親子関係もまた良し、かな。
[PR]
by kotaro_koyama | 2012-02-15 02:24 | 子育て
充電完了間近
d0036978_18411469.jpg「パパ、あのね、ブログ読んだけどね、わたし生理とかじゃないから・・・」

Rikiがお友達の家へお泊まりに行った夜、Keiと二人、ピザ屋さんでのこと。突然娘から面と向かってその単語を口にされるとちょっとドキッとするじゃない。ブログを読まれているのは知っていたけれど・・・ もう読んだんだ。

「いや、あの、それだけじゃなくて、Keiくらいの歳には体の中のバランスが色々とね・・・ パパとかママの歳にもね、色々とバランスが・・・」

「で、頭が痛くなるわけ?」

「いや人それぞれ色々みたいよ。全然平気な人もいるみたいだし。大人の場合にはイライラしやすくなったりとかね」

「だからパパはいつもイライラしてるんだ!」

「そうかもねえ」

「でもね、もう大丈夫だから。まだ明日もゆっくり休めるし。そしたら六月まで、学期末までまた頑張れる。お休みをくれた雪に感謝しなきゃ。通信簿を見たらちょっとホッとしたんだよね。わたし電池が切れていたのかなあ・・・」

そうか。その笑顔と、いつものやる気が甦ってきてよかった、よかった。でもね、Keiちゃん、何回も言うけれどそんなに頑張らなくていいんだからね! 君はパパの子供なんだから。ここはイタリアなんだから・・・
[PR]
by kotaro_koyama | 2012-02-13 18:57 | 子育て


カテゴリ
子育て
バイリンガル
旅行
比較文化
イタリア暮らし
スポーツ
料理とレシピ
日本放浪
回想
ビデオ

お気に入り

フォロー中のブログ
 フランス生活便り
写真のこと
食いしん坊の日記
スマイル&ショット
楽子の小さなことが楽しい毎日
R's memorandum2
フィレンツェ田舎生活便り2
*ちょっとコーヒーでも*
HEROのアナログな生活
絵本の王国 - IL ...
アンジェリーナのちょっと...
くーまくーま3
グルグルつばめ食堂
* Avanti * ...

以前の記事
2016年 04月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
more...

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧