Maho20歳、Kei17歳、Riki12歳。イタリアで、一部ニッポンで、スクスク成長中。
by kotaro
<   2011年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧
子守唄
楽しみにしていた、人生初のコンサート。歌って踊って、飛ばし過ぎたのか最後まで持たず、23時陥落。そして今日はフラフラの月曜日。でも頑張って学校へ行きました。もちろん買ってもらったJOVANOTTIの帽子を深く被ってね。


[PR]
by kotaro_koyama | 2011-05-30 17:23 | イタリア暮らし | Trackback | Comments(6)
置き土産
ブー。呼び鈴が鳴った。郵便屋さんだ。書留だから署名をしろという。嫌な予感。交通違反した覚えないけどな・・・税金の追加徴収かな・・・ 封を開けると、「おめでとうございます。貴殿は当選しました。お約束通り厳選されたオリーブオイルテイスティングセット6本を後日お届けいたします・・・」

d0036978_02832.jpgなんだこりゃ、新手のセールスか?と思って何度も読み返す。宛名はMahoだ・・・あぁ、そう言えばそんなこと言ってたなあ、日本に行く前に。「パパ!もしかしたらオリーブオイル当たるかもよ。今日お買い物の途中にね、抽選したの」

まず書留で手紙を送って来たのは、宛先に本当に人がいるかどうかを確かめたかったのだろう。それでもちょっと疑っていた。本当に送ってくるのかなあ?送って来ても、その後追加で買い続けなきゃいけないシステムになっていたりして・・・イタリアに住んでいるとどうも疑い深くなっていけない。

ほぅらやっぱり来ないじゃない、と思っていた頃、またブザーが鳴った。窓から顔を出すと宅急便のおじさん。「小包だよ!ちょっとさ、車で入ってくるのたいへんだから一緒に来てくれない?」

旧市街の小道に入り込んでくるのは、宅配業者にとって悪夢なのである。その気持ち、よく分かるのでつき合ってあげる。100m程離れた交差点に停めてあるトラックまで、おじさんの苦労を聞いてあげる。受け取り証にサインをする。ああやっぱりオリーブオイルだ。

でも・・・どうですか、この包装。もうこんなの見たって何も感じなくなってしまっている自分がちょっと怖いのだけれど、でも冷静に考えるとね、凄いです。だって、オリーブオイルのプロモーションの一環として送る賞品でしょ?もうちょっと奇麗に包んだ方が・・・

じゃあ開けてみる。
[PR]
by kotaro_koyama | 2011-05-28 01:03 | イタリア暮らし | Trackback | Comments(4)
郷愁
ステファノは、僕が仕事で中田英寿とペルージャを追いかけていた頃からの知り合いだ。宝石と時計を販売する小さな店を経営しながら毎日のように練習を見に行き、週末の試合を応援する、根っからのペルージャファンだった。もちろんアウエイの試合だって欠かさない。ミラノ、フィレンツェ、ローマ・・・イタリアどこの街へでも。 

一緒にバーリまで日帰り観戦をしたことがある。車で往復1200km。早朝5時に出発、試合を観戦し、記者会見を終えてペルージャに帰って来たのは午前3時頃だった。運転を交代した時、「これ握り心地がいいねえ。ハンドルだけ持って帰りたいなあ!」と買ったばかりだった僕の車を自分の事のように喜んでくれた。

こういう熱いファンの典型的な外見は、体格が良くて、入れ墨なんかしていて、ちょっと近づきたくないタイプが多いのだけれど、ステファノはひょろっとしていて、性格もいたって温厚、物静か。もう10年以上前のあの頃、遠くニッポンからこの小さな町に押し寄せ、狂ったように中田英寿を追うジャーナリストたちを嬉しそうにニコニコ眺めていた。そしてセリエAの檜舞台で戦う愛しのチームを、昔と変わらない調子で応援していた。

歯車が狂い始めたのは、彼の店に泥棒が入ってからだと思う。盗人たちは、夜中、隣の店から壁に穴を開けて宝石やら時計やらをごっそり持って行ってしまった。運が悪かった、というか、準備が足りなかったのは、彼が商品に盗難保険を掛けていなかったことだ。それがきっかけで経済的にうまく行かなくなり、奥さんは逃げて行った。ペルージャからヒデは去り、ガウッチ会長のイカサマが発覚し、チームはアマチュアリーグ行きの罰を受ける。それでもステファノはペルージャを応援し続けた。昔と変わらず。

一昨日の慈善試合。久しぶりにステファノに会った。グランドの上、大歓声のCurva Nordの真下。男同士だけれど、もちろんイタリア風に抱き合い、キスを交わす。すっかり大きくなったKeiを愛おしそうに見ている。Rikiに会うのは初めてだ。
ポツポツと彼が語り始めた。経営していた店はついに閉じたという。もっと早く見切りをつければ少しは現金が残っただろうに、最後まで頑張ったせいで手元には何も残らなかった。再婚を考えた恋人にも逃げられた。今は何の仕事もしていない。ただ、大好きなチームの雑用を手伝って、小遣い程度の報酬を貰うだけ。このチーム、ペルージャだけが、ステファノにとって唯一の心の拠り所なのだ。

彼の眼に涙が浮かんでいた。でもそれは、決して自分の運命を嘆いた涙ではなかった。大好きなペルージャが輝いていたあの日々を懐かしんだ、ただそれだけの、溢れ出るノスタルジーの涙だった。

ヒデの右足。ゴール。
スタジアムの大歓声が一層大きく僕たちを包み込んだ。

d0036978_4502333.jpg

[PR]
by kotaro_koyama | 2011-05-26 05:00 | イタリア暮らし | Trackback | Comments(4)
ヒデのイタリア語
Perugia per Sendai SPECIALEと題した、地元局ウンブリアTVのマルコの取材が良かったので紹介します。長年に渡りチームを追い続けて来たマルコ、選手たちとはもちろん顔なじみ。彼の人柄も手伝ってか、選手たちの受け答えが他のTV局とはひと味違うのです。15分10秒付近からはヒデのコメントも。それを聞いたKei、「イタリア語うまいねぇ!イタァリア人みたいじゃない。・・・あ、でも"poi"って言った所は日本人っぽいかな」だって!


[PR]
by kotaro_koyama | 2011-05-25 18:17 | ビデオ | Trackback | Comments(6)
あの日々をもう一度。
中田英寿がペルージャに帰って来た。マテラッツィもいる。ラパイッチも、ガットゥゾもいる。テデスコもオリーヴェもマッザンティーニもゼ・マリアもミラネーゼもカローリも・・・ ゴール裏から響き渡るあの大合唱。「ヒデヒデヒデゴール、ヒデゴール、ヒデゴォオル!」 「ミラン ラパイッチ エッオッ!」 うひゃあ懐かしぃぃ・・・ これこれ、これがないとねえ!「Torneremo in serie A!」いつかまたセリエAの檜舞台へ戻る日を夢見て声を張り上げる。今宵の主役は間違いなく「Curva Nord」のペルージャファン達だった! GRAZIE RAGAZZI!!!


[PR]
by kotaro_koyama | 2011-05-24 15:08 | ビデオ | Trackback | Comments(12)
Night at the Museum
ついにパパとママから離れてのお泊まり初体験の夜がやってきた。しかもただのお泊まりじゃない。博物館の中で、寝袋敷いて寝るっていう、ドキドキワクワクの企画だ。土曜日の夜21時、60人の子供たちがペルージャ考古学博物館に大集合。仲良しのお友達も見つけて大興奮のRiki。

d0036978_17461667.jpg



夜の博物館、中庭はこんな感じで雰囲気たっぷりだ。参加できるのは6歳から10歳までの子供たちなのだけれど、そんな小さな子供たちを相手に、いったい何時くらいまで何をやるんだろう?イタリア的には夜中の0時、1時くらいまで余裕かな。
Buona notte Riki...

d0036978_17481488.jpg



今朝迎えに行くと、案の定寝不足でフラフラのRiki。「楽しかった?何したの?」って聞いても何も答えてくれない。手作りしたらしいエトルリア人の盾の模型を持っている。Rikiのサインの横に時間が書いてある。23時30分。模型を完成させた時刻なのだろう。ああそれじゃあやっぱり寝たのは午前0時頃か。帰宅するとすぐにベッドに潜り込んで熟睡してしまった。せっかく天気の良い日曜日なのに・・・ でも昨夜のことを夢に見て、楽しいお昼寝なのだろうな。Sogni d'oro Riki...

d0036978_17483960.jpg


[PR]
by kotaro_koyama | 2011-05-22 18:12 | イタリア暮らし | Trackback | Comments(2)
今日のYouTube
我が家にも三年程前に購入した大型液晶テレビがあるし、衛星放送SKYの契約だってしているのだけれど、最近そのスイッチを入れる機会がめっきり減ってしまった。動く絵を見るのはもっぱらコンピューターを通してという生活になっている。日本語の動画はもちろん、イタリアの地上波のほとんどの放送もインターネットを通じてオンデマンドで見ることができるから、ビデオに録画する必要性も感じない。画質も日に日に向上しているし、近い将来ビデオデッキは消えてなくなるに違いない。すべての画像、映像がクラウド化していく・・・ そんなことを思いながら見た今日の動画の中から、気になる原発関係をいくつか。

小出先生応援してます。


小出先生と班目原子力安全委員会長


More
[PR]
by kotaro_koyama | 2011-05-20 21:43 | ビデオ | Trackback | Comments(2)
The Italian Job
来る、来ない、来る、来ない・・・ 別に花びら占いしていたわけじゃありませんけれど、この慈善試合、せっかくやるのならあらゆる意味で盛り上がった方がいいから、ペルージャOBではないインテルの長友選手にも是非来て欲しいと思っていたんです。ビデオ参加だけじゃなくてね。来る、来ない、来る、来ない・・・「来る!」

帳尻合わせの得意なイタリアらしい、最後まで気を持たせるオーガナイズ、好きです。

d0036978_40641.jpg

[PR]
by kotaro_koyama | 2011-05-19 04:12 | イタリア暮らし | Trackback | Comments(4)
追伸
「Perugia per Sendai」記者会見の模様。僕が映っていないので安心してリンクします。
こうして見るとミスイタリアもどうってことない、フツーのイタリア美人。でも、違いはそのスタイルだったな。滅茶苦茶足が長くて、お尻が・・・ いかんいかん、目的はサッカーサッカー、慈善慈善。


[PR]
by kotaro_koyama | 2011-05-18 16:30 | イタリア暮らし | Trackback | Comments(8)
あの日を再び。
5月23日に行われる震災孤児の為の慈善サッカー試合 「Perugia per Sendai」。マスコットRikiを連れ、ローマのRAIまで記者会見に行く。会見には今年のミスイタリアも登場。ああこれがイタリアを代表する美貌か・・・ ここへ来た目的などすっかり忘れ、その容姿に見とれていると、「NAKATA」 懐かしい名前がボクの耳に飛び込んで来た。そう、待ちに待った中田英寿氏参加の正式発表だ。そしてあのラパイッチもクロアチアからやって来るって! これでペルージャの黄金時代を築いたメンバーがほぼ勢揃いすることになる。マッザンティーニ、マテラッツィ、ゼ・マリア、ガットゥーゾ、グロッソ、テデスコ、ラヴァネッリ、ミラネーゼ、オリーヴェ、メッリ、エスポージト、リヴェラーニ、カローリ・・・ これは行くしかないでしょう、ペルージャ。なんと言っても、ミスイタリアがキックオフしてくれるのだから!

d0036978_3563329.jpg




中田もミスイタリア目当てで来るのかな・・・
[PR]
by kotaro_koyama | 2011-05-17 00:43 | スポーツ | Trackback | Comments(8)


カテゴリ
子育て
バイリンガル
旅行
比較文化
イタリア暮らし
スポーツ
料理とレシピ
日本放浪
回想
ビデオ

最新のコメント
econeさん:放置ブロ..
by kotaro_koyama at 22:10
二人とも、また大人っぽく..
by econe at 12:39
econeさん:すっかり..
by kotaro_koyama at 22:13
はじめまして。 Rik..
by econe at 12:18
marinaraさん:今..
by kotaro_koyama at 15:39
「ふるさと」って何処なの..
by marinara at 22:33
いえいえ!まだまだ人生の..
by kotaro_koyama at 14:39
なんだか、哀愁を感じます..
by marinara at 23:09

お気に入り

フォロー中のブログ
 フランス生活便り
写真のこと
食いしん坊の日記
スマイル&ショット
楽子の小さなことが楽しい毎日
R's memorandum2
フィレンツェ田舎生活便り2
*ちょっとコーヒーでも*
HEROのアナログな生活
絵本の王国 - IL ...
アンジェリーナのちょっと...
くーまくーま3
グルグルつばめ食堂
* Avanti * ...

以前の記事
2016年 04月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
more...

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧