Maho20歳、Kei17歳、Riki12歳。イタリアで、一部ニッポンで、スクスク成長中。
by kotaro
<   2011年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧
文句
d0036978_132596.jpg「もう!今日ね、学校でずーっとオープンデイのチラシを折らされたんだよ!これはsfruttamento minorile(児童搾取)だぞ!って怒ったんだから!」

「へえ、その文句、ちゃんと先生に言ったの?」

「いや、アンナとそう言ってただけ・・・」

一丁前の口をきくものの、ちょっと弱気な学級委員長・・・ まああの先生にそんなこと言ったら殺されるかもね・・・

そうか、もうオープンデイ(学校公開日)の季節か。来年一年生になる子たちが見学に来るんだ。

それにしても生徒たちにチラシ折りを手伝わせるのは、教育の一環なのか、予算が削られたシワ寄せなのか・・・

何かにつけて教育費削減を嘆き、声を荒げ、殺伐としてきた感のあるイタリアの学校だけれど、そのチラシ折りは教育でやらせたと信じたい。

そうですよねえ、先生?
[PR]
by kotaro_koyama | 2011-01-23 01:47 | イタリア暮らし | Trackback | Comments(4)
記念すべき。
サッカーの練習試合で、ついにRikiが初ゴールを決めました!・・・と皆様に報告したいところなのだけれど、いやね、ゴールを決めたことは決めたのですけれど・・・ 敵も味方も振り切って、ゴールキーパーの逆をつく見事なシュート・・・
オウンゴール。あっ、でもね、でもね、その後キーパーになってからは見事なセービングも見せたもんね。まああれで帳消しかな。お陰で試合も引き分けたんだし。分かった、分かった、今日の恥、お姉ちゃんたちには内緒にしておいてあげるから。でもさ、ところでさ、その落ちそうな前歯、早く引き抜いちゃいなよ!

d0036978_2333472.jpg

[PR]
by kotaro_koyama | 2011-01-19 02:42 | イタリア暮らし | Trackback | Comments(2)
褒め上手
d0036978_15353740.jpg「あのね、音楽の先生がね、フルート上手だって褒めてくれたよ。来年こそは音楽クラブに入りなさいって。入らなかったらひっぱたくぞ、だって!『ひっぱたく』だよ!」

日本でピーヒャラやっていた成果が出たのか、先生のおだて方が上手なのか、すっかりご機嫌のKei、ますます元気に木を登り始めた。

ここ数日、どこへ行くにもフルートを片手に握っている。車の中でもピーヒャラピーヒャラ。甲高い音色が耳に突き刺さって、ちょっとお休みして欲しいなあなんて思う時もあるのだけれど、もちろんそんなことは言えない。

いわゆる音楽の授業的な基礎練習曲も聞こえてくるけれど、パパの好きなAvril Lavigneの曲を吹いてくれたりもする。hey hey you you...

音感鋭く聞き取って吹いているのかと思ったら、音楽の教科書にGirlfriendが載っていたのだった。大きくて分厚いその本には、ポップス、映画音楽、クラッシックと楽譜がジャンル広くたくさん載っている。CDもついている。いいねえ。

お、その曲もどこかで聞いたことあるな・・・ えーっと、anima mia torna a casa tua〜

あ、それも知ってる、vivere vivere costa la metà〜♪♪ Ligabueじゃない。

こんな音楽の教科書があって、褒め上手の先生だったら、ボクももう少し楽器に興味を示していたかもしれないなあ・・・
[PR]
by kotaro_koyama | 2011-01-16 16:27 | イタリア暮らし | Trackback | Comments(2)
永遠の国
東京の正月。空いた道を運転しながらJ-waveをつけたら、相変わらず元気なジョン・カビラさんの声。「イタリアではこの新年1月1日からスーパーや商店でのレジ袋配布が一切禁止になったそうです。えぇぇ!イタリアはレジ袋消費量がヨーロッパ全体の実に四分の一を占めていたんだとか。ヨンブンノイチィ!スゴいですねぇ。環境省のステファニア・プレス、プレステぃ、ちょっと待ってくださいよ、え〜、プレスティジャコモ大臣は・・・」
慣れないイタリア人の名前につまずくカビラさんに笑いながら、「一切禁止」ってほんとかねぇ?信じられないなあ、いやでも待てよ、もしかしたら・・・

一瞬でもその可能性を信じたボクはまだまだ真面目な日本人でした。全国チェーンの大きなスーパーにはまだ行っていないけれど、取り急ぎカビラさんに報告です。ペルージャの我が家周辺では、何も変わらなかったかのようにレジ袋が配布されております。スーパー、肉屋に八百屋さん・・・。イタリア各地にお住まいの皆様、あなたの街では如何ですか?

d0036978_1525575.jpg

[PR]
by kotaro_koyama | 2011-01-15 15:39 | イタリア暮らし | Trackback | Comments(6)
一休み、一休み。
d0036978_19355095.jpg午前10時30分、Rikiの小学校から電話が。

"Pronto? E' papà di Koyama Riki? Il bambino ha un FORTE mal di testa..."

ひどい頭痛だから迎えに来てくださいって、日本からの旅の疲れが出たのかなあ、昨夜は布団をちゃんと掛けて寝ていなかったから冷えたのかなあ・・・

学校へ行けば、案の定元気のない顔のRiki。ほとんど口をきかない。でも熱はなさそうだ。やさしく手をつないで帰って来る。玄関のドアを開ける・・・ と、その顔色は見る見る元気に。スキップしている。例のお喋りも始まった。

「リキ、頭痛そうじゃないねえ」
「・・・」
「スゴく痛がってますって言ってたよ、先生」
「さっきはほんとにいたかったのぉ!」

おやつの残りを笑顔で平らげた後は、お風呂にお湯をたっぷりと張って、のんびり朝湯を楽しむRikiなのでありました。

なにかにつけて、ママと離れて可哀想だしまあいいかって、なんかすぐアマくなっちゃうなあ。
[PR]
by kotaro_koyama | 2011-01-14 19:49 | イタリア暮らし | Trackback | Comments(2)
再出発
d0036978_20363136.jpg成田空港第1ターミナル北ウイング、午前8時。

イタリア観光へ旅立つ笑顔いっぱいの日本人たち。日本を満喫してくれたのか、あるいは仕事だったのか、ちょっと疲れた顔のイタリア人たち。たくさんの表情があったけれど、でも、涙に溢れていたのはボクたちの目だけだった。

一番泣いていたのはママ。そしてKei。目を真っ赤にする二人を見て、困った顔のRikiとMaho。「寂しくて悲しいけれど、わたしは大きいから我慢しなきゃ」とMahoは考えたのか、「ボクは男の子だから泣かないゾ」とRikiは思ったのか。

家族の涙はボクの上にボタボタと落ちて来て、これから夏休みまで続くだろう長い長い子連れ生活の重荷はどこかへ流れて行ってしまった。明日からの細々したことより、今は違うことを考えるべきじゃないか、悩むべきじゃないか。このまま離れ離れの暮らしを続けることが正しいのだろうか、本当に子供の為になっているのだろうか・・・

子供の幸せとは?

親の幸せとは?

家族の幸せとは?

12時間30分の空の旅、一睡もできなかった。
[PR]
by kotaro_koyama | 2011-01-12 22:53 | 日本放浪 | Trackback | Comments(0)
最後に
あれもしなきゃこれもしなきゃ、これを食べなきゃあれを買って帰らなきゃ・・・ でもね、もう何年も何年も何回も何回もイタリアと日本とを往復していると、そんな気持ち、欲望がなくなってくるのです。昔は鞄を用意する度にそれぞれの国のスグレモノを詰め込んでいました。オリーブオイル、パルメザンチーズに生ハム・・・ 醤油、かつおぶし、ごま油に塩昆布・・・ そんな無い物ねだりの気持ち、15年目にしてほぼ消えつつあります。日本に帰れば刺身に納豆、イタリアに帰ればパスタにチーズ、それでいいじゃない。地産地消。もしかしたらこれも「悟り」と言えるのかな・・・ あっ、でも!ちょっと待って!! 次に日本に帰ってくるのは夏休みになるだろうし、やっぱり今のうちにアレもコレも・・・ 悟りの境地に達するにはまだまだ時間と修行が必要なようで。今晩は行きつけの魚屋さんで、最後の美味しいお刺身を・・・ ね!
d0036978_19355024.jpg

[PR]
by kotaro_koyama | 2011-01-09 20:06 | 日本放浪 | Trackback | Comments(4)
デート
日本でやり残したこと・・・ そうだ、まだラーメンを食べていなかった!
今日は珍しくMahoと二人だけの土曜日。賑わう吉祥寺をふらつきました。長女と腕を組んでウインドーショッピングなんて、それもやり残していたことの一つだったかも。小さなラーメン屋さんの暖簾をくぐって、とりあえずケータイでね、ハイ、チーズ! んん、お箸をそんな風にくわえてポーズを取っちゃうところがガイジンなんだよねぇ。躾が足らず、すみません。
d0036978_2291780.jpg

[PR]
by kotaro_koyama | 2011-01-08 22:15 | 日本放浪 | Trackback | Comments(2)
カウントダウン
イタリアへ帰る日が近づいて来た。やり残したこと、なんだろう? なんだかたくさんあるような気がする・・・
d0036978_17101086.jpg

[PR]
by kotaro_koyama | 2011-01-05 16:08 | 日本放浪 | Trackback | Comments(4)
魔女の宅急便
「ねえパピ、ベファーナは日本にも来てくれるよねえ」
「それはどうかなあ。だってベファーナってイタリアの魔女でしょ?イタリアの外には出かけないと思うけどねえ」
「でもねでもねでもね、ベファーナって、バッボ・ナターレの奥さんなんだよ!」
「えぇ!ベファーナがサンタクロースの奥さん?それは初耳だなあ! ・・・でもだから何なのさ」
「だからぁ、ベファーナは日本にも来てくれるの!」

ふぅん、なんだかよくわからない理論だけれど・・・ でもその強引さがあれば、1月6日の朝、あま〜いお菓子が日本にいるKeiの枕元にだって届くかもしれないね・・・ とりあえずは旦那さんにお願いしておこうか!

d0036978_1232410.jpg

[PR]
by kotaro_koyama | 2011-01-04 01:32 | イタリア暮らし | Trackback | Comments(8)


カテゴリ
子育て
バイリンガル
旅行
比較文化
イタリア暮らし
スポーツ
料理とレシピ
日本放浪
回想
ビデオ

最新のコメント
econeさん:放置ブロ..
by kotaro_koyama at 22:10
二人とも、また大人っぽく..
by econe at 12:39
econeさん:すっかり..
by kotaro_koyama at 22:13
はじめまして。 Rik..
by econe at 12:18
marinaraさん:今..
by kotaro_koyama at 15:39
「ふるさと」って何処なの..
by marinara at 22:33
いえいえ!まだまだ人生の..
by kotaro_koyama at 14:39
なんだか、哀愁を感じます..
by marinara at 23:09

お気に入り

フォロー中のブログ
 フランス生活便り
写真のこと
食いしん坊の日記
スマイル&ショット
楽子の小さなことが楽しい毎日
R's memorandum2
フィレンツェ田舎生活便り2
*ちょっとコーヒーでも*
HEROのアナログな生活
絵本の王国 - IL ...
アンジェリーナのちょっと...
くーまくーま3
グルグルつばめ食堂
* Avanti * ...

以前の記事
2016年 04月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
more...

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧