Maho20歳、Kei17歳、Riki12歳。イタリアで、一部ニッポンで、スクスク成長中。
by kotaro
<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
英作文
d0036978_2155535.jpg毎週木曜日の午後、Keiは英語学校に通っている。何故かちょっとレベルの高いクラスに振り分けられた彼女、年上のお友達ばかりに囲まれて最初はちょっと嫌そうだったけれど、近頃は結構楽しんで、そしてがんばっている様子だ。教科書やプリントを見ると10歳にしては確かに高度なことをやっている。中でも長文読解やヒアリングのレベルはかなりのもの。ちゃんと宿題も出されて、文法の他に英作文の宿題もある。それも『好きな映画について』とか、『インターネットは有益か』といった題材で、語学以前に大分考えさせられる内容だ。先週の宿題は地球環境についてだったのだろう、こんな文章を書いていた。

Because if we pollute the world too much we can’t live and we will die. If we keep the world clean we can live better and the world will hold out a long. time
We can: recycle, save the energy, utilize the solar panels, walk or use the bike.
And also we do not have to smoke because in my opinion smoking is only for to pollute the world and the people get sick for this custom.
I: recycle, walk as much as I can and save the energy...
EXCELLENT!

内容はちょっと物足りないと思うけれど、でも英語で書いているんだ、考えてみれば凄い。書くにしても読むにしても、イタリア語ができるからアルファベットに対する壁が低いのだろう。羨ましい限りだ。それにしてもタバコを絡めてくるあたりが、禁煙推進活動家のKeiらしい一品。

そしてまた木曜日。今日もKeiの机の上に作文が準備してあった。

Last Saturday was my father's birthday. Now my father is 43 years old. At seven o'clock I woke up and I gave to my father the present. He was very happy. In the afternoon I had a basketball game. My father was very happy because I played very well. When the match finished he said "You are the best present in my life!"

いや、ボクはね、正確にはね、『今日のKeiのプレイも誕生日プレゼントの一つだ!』と言ったんだけど。英語で表現するのが難しかったのか、それともそのように解釈したのか。まあいいや。さて今回はどこを添削されるかな?
[PR]
by kotaro_koyama | 2010-01-28 20:09 | イタリア暮らし | Trackback | Comments(0)
昔は可愛かった
面食いRikiの、最新のお気に入りはこのクララちゃん。様々な情報を総合すると、どうやら相思相愛らしいのである。今日初めて彼女をお家に招くことができたRiki、それはそれは大はしゃぎだった。考えてみれば、Rikiが女の子のお友達を家へ招待したのはこれが初めてだ。

一応、二人の邪魔をしない方がいいかなあと思って寝室に引きこもっていたら、Rikiが彼女を連れて部屋に入ってきた。最初はちょっと遠慮がちだったクララちゃんも、Rikiと一緒にボクの膝の上に上って来た。ボクのベッドの上で、二人してじゃれついている。可愛いなあ。そうだよなあ、まだ6歳だもん。そのうち、女の子を家に連れて来てもすぐに自分の部屋へ入って鍵を閉めて・・・

あぁ携帯電話のカメラしか手元にない! 画質が悪い・・・ でも6歳の、今日のRikiを、思い出に。

d0036978_257383.jpg

[PR]
by kotaro_koyama | 2010-01-21 03:30 | イタリア暮らし | Trackback | Comments(2)
比例、反比例
d0036978_1122290.jpg日本から届いた雑誌をパラパラとめくっていたら、「教育費試算」なるページが目に留まった。それによれば、幼稚園から大学まで公立(国立)に送った場合の「お値打ちコース」での教育費合計が1345万円。一方、一貫して私立に通わせた場合の「ラグジュアリーコース」だと、2400万円もかかる計算だ。

加えて基本的教育費、つまり出産・育児費用、22年間の食費、医療・衣料費、こづかい等々の生活費が約1700万円とされている。ということは、一人の子供を大学まで送り育てて家から追い出す為には最低でも約3000万が円必要なのだ。

こうして見ると、子育て、特に日本での子育ては本当に高い。3人いる我が家が日本で子育てをしていたとしたら、最低でも9000万円必要ということだ。ほぼイチオクエンじゃないか。

それに比べるとイタリアは安い。生活費は同じ位かかるとしても、学費は別次元だ。過去を思い出してみる。一番お金がかかったのが幼稚園だった。3年間で総額約48万円。それでも日本よりは安いようだ。小学校に上がるとほとんど無料と言っても良い。PTA費用が年間1万円かかる他は、遠足や社会科見学にその都度500円前後を支払うだけ。5年間で総額10万円といったところか。

中学、高校になると教科書代に2〜3万円程に加えて寄付金が年1万円程必要だが、授業料はやはり無料だ(国公立の場合)。Mahoがまだ高校一年生だからこれからどんな費用がかかるのか知らないけれど、このまま行けば高校5年間で予想される総経費は約20万円。いや、余裕を見て30万円にしておこうか。それでも幼稚園から高校卒業までの教育費は総額約90万円だ。

イタリアの国立大学は(娘たちが行くのかどうか知らないけれど)、年間15万円前後の授業料らしい(収入に応じて変わる様子)から、こちらも日本に比べれば格安。

ということで、我が家の家計はだいぶ節約させていただいている。それはそれでたいへん有り難いのだけれど、その安さに比例して子供たちのアタマの中身が安くならないことを祈るばかりだ。
[PR]
by kotaro_koyama | 2010-01-10 01:53 | 子育て | Trackback | Comments(2)
年頭所感
d0036978_20234072.jpg

『あけましておめでとう。昨日はRikiも生まれて初めてカウントダウンを経験したねえ』新年、父の第一声。
『爆竹がすごかったよぉ〜。耳がいたくなっちゃったもん』 Rikiの答え。
『2010年か。なんか実感わかないな・・・』Mahoのつぶやき。

そしてKeiの哲学。

"... Non servono a niente i giorni! Quando fai i compiti devi stare lì davanti alla scrivania imbambolato, perdendo mezz'ora, a cercare di ricordarti che giorno è oggi!"
(曜日なんて何の役にも立たないよ!そんなのがあるからさ、今日は何曜日だったっけ?何の宿題をしなきゃいけないんだっけって、机の前でボケーッと考えなきゃいけないんだよ!)

なるほど。今年は、去年にも増して、日々、その時その時を大切にしていこうね。
[PR]
by kotaro_koyama | 2010-01-02 21:11 | イタリア暮らし | Trackback | Comments(2)


カテゴリ
子育て
バイリンガル
旅行
比較文化
イタリア暮らし
スポーツ
料理とレシピ
日本放浪
回想
ビデオ

最新のコメント
econeさん:放置ブロ..
by kotaro_koyama at 22:10
二人とも、また大人っぽく..
by econe at 12:39
econeさん:すっかり..
by kotaro_koyama at 22:13
はじめまして。 Rik..
by econe at 12:18
marinaraさん:今..
by kotaro_koyama at 15:39
「ふるさと」って何処なの..
by marinara at 22:33
いえいえ!まだまだ人生の..
by kotaro_koyama at 14:39
なんだか、哀愁を感じます..
by marinara at 23:09

お気に入り

フォロー中のブログ
 フランス生活便り
写真のこと
食いしん坊の日記
スマイル&ショット
楽子の小さなことが楽しい毎日
R's memorandum2
フィレンツェ田舎生活便り2
*ちょっとコーヒーでも*
HEROのアナログな生活
絵本の王国 - IL ...
アンジェリーナのちょっと...
くーまくーま3
グルグルつばめ食堂
* Avanti * ...

以前の記事
2016年 04月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
more...

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧