Maho20歳、Kei17歳、Riki12歳。イタリアで、一部ニッポンで、スクスク成長中。
by kotaro
<   2009年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧
第一号
『わたし熱があるの。37.5度だし元気なんだけれど他の人に移しちゃいけないから迎えに来てもらいなさいって・・・』

金曜日午前11時30分、Mahoからの電話。いよいよきたか、新型インフルエンザ。でもその程度の熱ならまだ分からないな、などと考えながら初めて娘の学校へ向かった。歩いても10分程の距離の近所。車だと旧市街をぐるっと一回りしなければならずかえって遠くなる。でももちろん車で行く。

人数が多すぎて本校舎に入りきらなくなってしまったMahoのクラスは、隣の専門高校に間借りをしている。校舎の周りがゴミだらけなこと、その専門高校の生徒たちが窓からゴミを投げてきたり、授業時間中に大声でからかってきたりすること・・・ いつも聞く情景に初めて色がついた。

『間借り』の文字通り、Mahoのクラスへ行くには裏の非常階段から校舎に入らなければならなかった。Bidella(用務員のおばさん)が笑顔でボクを出迎えてくれる。Mahoがだるそうな顔をして腰掛けていたのは、これまた『間借り』がお似合いの、寂れた小部屋だった。電話、コピー機が1台。娘を連れて帰るため、Giustificazioneに署名をする。遅刻や欠席をした時にその正当性を親と先生が確認するための小冊子だ。重いZaino(リュック)を背負ってやる。傷だらけの壁を眺めながら一緒に階段を降りる。

『ああダルい・・・ あっ、あの窓。あの窓からね、Geometri(測量技師高校の生徒)がゴミを投げつけて来るの。ほら見てよここ。ゴミだらけでしょ。あれっ、パパ車で来たの?』

娘に具合の悪いと言われて歩いて来るかね、といつもの如くひねくれた答えをする悪いボク。愛情表現がね、パパはね、素直じゃないんだよ。

帰宅。部屋を暖める。水を与える。寝かせる。半信半疑で様子を見ているうちにMahoの熱はグングン上昇、39.7度に達した。こりゃ間違いない、新型インフルエンザだ。3人も子供がいれば、遅かれ早かれ、だ。Mahoがまだ1歳の頃、初めて熱を出して、それがいきなり39度を超えていて夫婦共々大慌てをしたことが思い出される。あの頃は親も初々しかった・・・

d0036978_19115022.jpg

[PR]
by kotaro_koyama | 2009-11-22 19:00 | イタリア暮らし
one sunday morning

[PR]
by kotaro_koyama | 2009-11-14 20:32 | ビデオ
雨ニモマケズ
d0036978_138487.jpg

         雨ニモマケズ
         風ニモマケズ
         新型インフルエンザニモマケヌ
         丈夫ナカラダヲモチ
         慾ハナク
         決シテ瞋ラズ
         イツモニコニコワラッテヰル
         サウイフモノニ
         ワタシハナリタイ
         
         バスケット皆勤賞デス
[PR]
by kotaro_koyama | 2009-11-10 02:05 | スポーツ
恋文
d0036978_6385149.jpgti voglio tanto bene e spero di essere in classe con te saluti lucry

『リキへ。あなたのこと大好きよ。一緒のクラスになれるといいな。ルクリ』

これは恐らく、Rikiが生まれて初めて貰ったラブレターだ。お相手は幼稚園時代の、マリア・ルクレツィア。今も同じ小学校に通うけれど、クラスが別々になってしまった彼女。もうすっかり疎遠になってしまったかと思っていたらこんな手紙を送ってきてくれたんだ。嬉しいねぇ、Riki?

親の方が感激してしまい、記念に写真を撮って残しておこうなどと無理矢理ポーズを取らせてみたりするけれど、本人はいたって呑気なもの。もちろん嬉しいけれど、だからといってボクたちの期待する感覚で盛り上がるわけでもない。多分、手紙を送った相手だってそんな重い気持ちはもちろんないんだ・・・ そんなことを考えていたら、無邪気で素直な子供たちが羨ましくなった。

それにしても"ti voglio bene"っていう感覚を日本語にするのがなかなか難しい。無理矢理訳せばやっぱり「好き」か。でもこの言葉って"I LIKE YOU"でもあるし"I LOVE YOU"でもある。そして相手のことを大切に思っているという気持ちの表現でもある。

家族や友人同士でよく使うこの愛情表現。日本人の心の中にだってもちろん同じ感情がある。でもその気持ちにピッタリとはまる日本語が見つからず、いつも歯痒い思いをするのだ。
[PR]
by kotaro_koyama | 2009-11-06 07:44 | イタリア暮らし
ただいま。
数日ぶりに帰宅したボクを待ち構えていたのは笑顔のスーパーマン。
Nokia E52にてVIDEO撮影した後は、お決まりのお相撲、ボクシング、肩車、絵本朗読・・・



追伸:今日ポストに入っていたチラシを見たら、購入したばかりのノキア同機種が269ユーロで売り出されていた。30ユーロも安いじゃない・・・!
[PR]
by kotaro_koyama | 2009-11-03 20:52 | 子育て
souvenir
d0036978_1783971.jpg普段家に居るお父さんがたまに留守をすると子供たちは実にうるさい。出かける前は、『どこへ行くの』 『いつ帰って来るの』 『何しに行くの』 出先から電話をすれば三人口を揃えて、『パピィお土産買ったぁ? たくさん買ってきてねぇ』

こんな仕事でなんで一々土産を買わなきゃいけないの、甘やかしてはいけないと思いつつも街を歩けばつい『あぁこれはMahoに似合いそう、でもこれを買ったらKeiがひがむだろうな、それにしてもRikiが喜びそうなものがない』などと考えてしまうのが親心。

ボローニャには子供向けの素敵な本屋さんがあって、この街に来ると必ず立ち寄る。今日も素敵な本がたくさん並んでいた。まずはそれぞれに一冊ずつ購入する。あぁでもきっと本だけでは不満が残るのだろうな、やっぱりいわゆるオモチャ的なモノが必要なのだろうとまた街をウロウロしてしまうのがボクの甘いところ。

大量消費文化の歯車にはまるのが悔しく青空市を巡ってみる。お、これはなかなかいいじゃない、ハンドメイドのアクセサリー。娘たちには無難なところだ。真鍮をベースに銅のメッキが施され、デコボコに叩いてある。Mahoには髪留め、Keiにはにネックレスにする。さてと残るは小僧だけか・・・これだ、見つけた。スパイダーマン絵柄の水筒、赤地に白十字で安心感たっぷりのスイス製也。

一方ボク自身へのささやかな土産は、仕事先で頂いたこのオリーブオイル。この秋一番、収穫圧搾したばかりのこの色と香りが何よりのご褒美だ。軽く焼いたブルスケッタで味えば、いよいよ冬がやってくる。
[PR]
by kotaro_koyama | 2009-11-02 17:41 | 旅行
ボローニャ裏通り
Nokia E52、昼間のビデオ性能。画質は想像していたよりもかなり良いけれど、コマ送りのように途切れ途切れになってしまうのは現在のケータイの限界か。


[PR]
by kotaro_koyama | 2009-11-02 05:52 | 旅行
ケータイ模写
Nokia E52の試し撮り、今日はボローニャの街角にて。この小さなレンズ、3.2メガピクセルのカメラ機能というのがいったいどれ程の質を表すのかよく分からず、明るい所、暗い所で1人パシャパシャ遊んでいる。

ペルージャから来ると大都会にさえ感じるこの街。到着してまず感じるのはその騒音だ。PORTICOと呼ばれるアーケードで反響するのだろう、行き交う車やバイクの音が耳に刺さる。でもそのアーケードの御陰で、雨の日でも散歩や買い物を楽しむことができるのがボローニャ旧市街の魅力だ。たくさんのお店。衣料品だけでなく、八百屋、肉屋、魚屋、パン屋、手打ちパスタ屋、総菜屋、ちいさなお店が健在だ。行き交う人々はよりお洒落で金回りが良いように見える。経済危機は何処に。

PCに落としたこの写真、情報を見ると1.4メガと表示されていた。その大きさだけを見れば、普段使っている一眼レフCanon Eos KissでRAW撮影、JPEG変換したものの1/3程だ。
d0036978_19184762.jpg

[PR]
by kotaro_koyama | 2009-11-01 19:27 | 旅行


カテゴリ
子育て
バイリンガル
旅行
比較文化
イタリア暮らし
スポーツ
料理とレシピ
日本放浪
回想
ビデオ

お気に入り

フォロー中のブログ
 フランス生活便り
写真のこと
食いしん坊の日記
スマイル&ショット
楽子の小さなことが楽しい毎日
R's memorandum2
フィレンツェ田舎生活便り2
*ちょっとコーヒーでも*
HEROのアナログな生活
絵本の王国 - IL ...
アンジェリーナのちょっと...
くーまくーま3
グルグルつばめ食堂
* Avanti * ...

以前の記事
2016年 04月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
more...

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧