Maho20歳、Kei17歳、Riki12歳。イタリアで、一部ニッポンで、スクスク成長中。
by kotaro
<   2007年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
saldi 2007
d0036978_22144819.jpgSALDI(セール)の時期も終わりに近づいてきました。

妻が、Rikiのために見つけてきたのは、こんなパンツセット。
lunedì, martedì, mercoledì... 月曜日から日曜日まで、色違いに曜日が記してあって可愛い。子供服専門店プレナタルで、13ユーロのところ、80%オフの2.6ユーロ(約400円)だったそうです。なかなかいいお買い物じゃないですか。

オムツの取れたRikiくん。もうさすがに、お姉ちゃんからお下がりの花柄パンツじゃまずいもんね。

ちゃんと曜日を守ってはかせてます。
[PR]
by kotaro_koyama | 2007-02-21 22:31 | イタリア暮らし
Alla Mia Zoppa Preferita
d0036978_0819100.jpgMahoがまた骨折しました。今回は、バスケットボールの試合で足首を捻って・・・。彼女が泣いたのは、その痛みのためではなく、二週間後に迫っていたSettimana Bianca(スキー学校)に行けなくなったことでした。それはそれは楽しみにしていましたから。

例によって、陽気で優しい救急病院の先生たち。イタリア人は、子供の扱いが本当に上手です。それは病院の先生たちも同じこと。なにより日本と違うと感じるのは、子供と直接対話をするということです。Mahoの眼を見て話しかけている時に、ボクが横からしゃしゃり出て返答しても、無視されてしまいます。

『さぁ、これでよし。なるべく足を高い位置にして、指を動かすこと。それと、友達にたくさん落書きしてもらうんだよ。1ヵ月後、いっぱい、いっぱいのサインがなかったら、ギプスを外してあげないからね!』

冗談を飛ばしながら、美しいギプスを形作ってくれた先生の心配は無用でした。翌日学校に行くと、早速、沢山の落書き、いえ、寄せ書きを貰ってきました。見ると、なかなか気の利いたセリフが書いてあります。やはり小学校の時とは違うなぁ。中でも、ボクが気に入ったのは・・・

Alla Mia Zoppa Preferita     ボクの好みのビッコさんへ
Lorenzo                 ロレンツォ 

という、Mahoの"元カレ"の署名。ユーモアと愛情を感じる秀作です。
うん、やっぱりいいよ、彼。これを機会に、よりを戻したらどう?Mahoちゃん。
[PR]
by kotaro_koyama | 2007-02-20 02:20 | イタリア暮らし
Piccolo Grande Cuore
d0036978_23151584.jpgバレンタインデー。恋人の、愛の日ですね。

イタリアでは、女性からプレゼント、という決まりはありません。むしろ、男性から女性へプレゼントする方が多いようです。娘たちの学校を見ていると、女の子同士でプレゼントを交換したりもします。

でも、Keiは、愛するジョヴァンニの為に、張り切ってチョコレートを持って行きました。なんと言っても、ニッポンの女性ですからね。

一方のジョヴァンニがくれたものはと言えば、この小さな紙切れ。
"恋人"のKeiからチョコレートを貰ったのに、自分は何も用意していなくて、あわててしまったのでしょうか。ノートの切れ端か何かを、ヘタクソに切り取った小さなクオーレ。でも、その中には・・・

Ti amo       愛してるよ
da Giovanni   ジョヴァンニより


という熱いメッセージが。

どんなチョコレートよりもアマ~イ贈り物を握り締めて、お家に帰ってきたKeiでした。
[PR]
by kotaro_koyama | 2007-02-14 23:53 | イタリア暮らし
イタリアにいてよかったこと
Mahoがピアスを開けました。

d0036978_19225313.jpg『日本の小学校や中学校に通っていたら、そんな自由なことはできないよ』
って言ったら、眼を丸くしていました。

日本は大好きだけれど、パパやママから聞かされるお堅いニッポンの学校には通いたくないそうです。

そして、おじいちゃんにスカイプで報告したら、案の定の反応。『なんだそりゃ… あぁあぁ、そんなもの…』って。昔の人間は、やはりそう思うか。

穴を開けてもらって、2つのピアスを買って、〆て8ユーロ。日本で開けると幾らくらいかな?お会計もイタリアの方がいいかもね。
[PR]
by kotaro_koyama | 2007-02-12 19:36 | イタリア暮らし
Mi scappa la pipì!
Rikiの手です。

d0036978_2050461.jpgこうして、手だけをクローズアップで撮ってみると、随分大人びて見えます。写真だけだと、Keiの手かな?と思うほど。いつの間にか、上手にペンを持って、しっかりと定規を押さえている。成長しているなぁ。

そういえば、先週、初めて、『ようちえん、たのしかったよぉ!』と笑ったRiki。新しい環境にだんだん慣れてきた、ということもあるのでしょうが、そのきっかけは、やはり『言葉』にあるみたいです。徐々にイタリア語が分かるようになってきたことが、大きく影響している様子。そしてここ数日、家でもイタリア語を話す割合が急に多くなってきました。

『りき、今日は幼稚園で何してきたの?』
『なぁんにも』
『うそぉ、何かしたでしょう。教えてよ!』
『Giocato Alex』
『そうか、アレックスと遊んだんだ。アレックスは優しいんだね』
『Sì gentile, あれっくす じぇんてぃーれ』

動詞を活用しなかったり、前置詞が抜けていたり、文法は滅茶苦茶だけれど、ともかくイタリア語で自己表現するようになってきたRiki。こうして、少しずつイタリア社会に溶け込んでいくのでしょう。

"Pipì pipì!! Andare bagno!!!" (おしっこぉ!トイレぇ!)

イタリア語で叫びながら、パタパタと駆けていく音が響きます。
[PR]
by kotaro_koyama | 2007-02-05 22:35 | バイリンガル


カテゴリ
子育て
バイリンガル
旅行
比較文化
イタリア暮らし
スポーツ
料理とレシピ
日本放浪
回想
ビデオ

お気に入り

フォロー中のブログ
 フランス生活便り
写真のこと
食いしん坊の日記
スマイル&ショット
楽子の小さなことが楽しい毎日
R's memorandum2
フィレンツェ田舎生活便り2
*ちょっとコーヒーでも*
HEROのアナログな生活
絵本の王国 - IL ...
アンジェリーナのちょっと...
くーまくーま3
グルグルつばめ食堂
* Avanti * ...

以前の記事
2016年 04月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
more...

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧