Maho20歳、Kei17歳、Riki12歳。イタリアで、一部ニッポンで、スクスク成長中。
by kotaro
<   2006年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧
本屋さん
d0036978_35146.jpgサルデーニャ島と言えば、"エメラルド海岸"の北部が有名ですね。でも、人が集まるだけに、やっぱりお値段高め。今回はそんな高級リゾートを避けて、オルビア空港から南下してみました。

選んだホテルは、ここ、Hotel Club Saraceno。う~ん、HPの、この海岸の色にはちょっと騙されたかも!でも、子連れの多いこのVILLAGGIO(リゾート村)、今回のKeiとの二人旅には居心地の良い場所でありました。子供を楽しませるたくさんの催しがあって。食事の質も、ブッフェ形式とはいえ、なかなかのものです。

さて、初日の晩、散り散りになってしまった自分の家族を想い、大泣きしてしまったKeiちゃん。次の日はどうしたかな…

Se chiudi gli occhi e ascolti il vento ti dice qualcosa...
目を閉じて、風の音を聞いてごらん。何かを喋っているよ…

大きくなったら本屋さんになりたいというKei。海岸で一人、砂遊びをしながら、ポツリと、そんな詩のような言葉を口にしていました。

寂しそうな様子に、一時はどうなることかと思ったけれど…。でも、それは余計な心配でした。すぐに子供たちの輪に飛び込んで、たくさんの、たくさんのお友達を作っていました。こんな時は、イタリアで磨かれた、彼女の社交的な性格に助けられます。

あ、ところで、Keiの言う"本屋さん"て、作家のことらしいです。
[PR]
by kotaro_koyama | 2006-06-29 03:34 | 旅行 | Trackback | Comments(5)
VACANZA 2
d0036978_23192285.jpgギラギラと照りつける太陽に誘われて、サルデーニャ島に来ました。今回は、でも、Keiとボク、2人だけの旅。

ママとRikiは雨の東京だし、Mahoはと言えば、友達とバカンス。ここまで家族バラバラになるのは初めての経験です。

出発前は、『早くサルデーニャの海に行きた~い!』と大騒ぎしていたKei。でも…

『Rikiに会いたいよおぅ~』


初日の夜。周囲を取り囲む、楽しそうな家族団欒を見つめているうちに、思わず大粒の涙がこぼれてきたKeiちゃんなのでありました。
[PR]
by kotaro_koyama | 2006-06-25 23:41 | 旅行 | Trackback | Comments(4)
プールサイドで
d0036978_21254226.jpg乗馬で一汗かいたら、またプールです。

TVがないこのアグリツーリズモでは、ドイツワールドカップもラジオだけが頼り。プールサイドで、イアホンから聞こえてくる歓声に、華麗なプレーを想像するのも一興です。

自宅にいたら、TVにかじりついて不健康だっただろうあ。

日本のふがいなさも、この強烈な太陽の光が吹き飛ばしてくれました…。
[PR]
by kotaro_koyama | 2006-06-17 21:36 | 旅行 | Trackback | Comments(4)
お馬の親子
d0036978_2303797.jpg今回滞在したアグリツーリズモの名前は、La Casella。この施設の一つの売りが、乗馬です。となれば、プールの次、子供たちの要求は、当然『お馬さん』。

広い敷地の中、山道を歩いて行くと、大きな犬がお出迎えしてくれます。そして、馬小屋の"いい匂い"が…。

"Che puzza!"  クサ~イ!

と顔をしかめるMaho。そうだね、でも、これが馬に乗るということだよ。TVや絵本などでは分からない、本当の馬だ。

こんなに背の高いお馬さんにまたがるのは初めてのKei。ちょっと緊張気味の彼女を、パチリ。

乗馬の先生の指示を待っていると、「2人の子供を同時に面倒見れないな。お父さんにも手伝ってもらおう」と軽い一言が。

お父さん、断れるわけがありません。そしてこの後、Keiの乗るお馬さんの手綱を握って、グルグルグルグル回ることになるのでした。照りつける太陽の下、馬の糞を踏みながら、蝿にたかられながら…。

馬の気持ちが良く分かったけれど・・・ 馬は、やっぱり乗るものです。
[PR]
by kotaro_koyama | 2006-06-16 23:40 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
VACANZA
d0036978_21501589.jpg子供たちの夏休みが始まったとたんに、天気が一変しました。
夏の日差し、到来です。

先週まで、セーターが欲しいくらいの寒さが続いていたのに。何事も、ギリギリまでヤキモキさせられる国、イタリア。でも、最後には、なんだかんだと帳尻を合わせてくれます。それは、太陽さえも同じことのよう。

MahoとKeiを連れて、オリヴィエートに程近い、アグリツーリズモに遊びに来ました。

まずは一泳ぎ!
[PR]
by kotaro_koyama | 2006-06-15 22:03 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
Festa di fine anno
d0036978_18102941.jpgイタリアの学校は、今日で終業。また、長い夏休みが始まります。
この時期は、子供たちのFESTAが目白押し。フェスタって、つまりはパーティですね。ここ一週間ほど、毎日、何かしらの催しが続きっ放しです。お抱え運転手は大忙し・・・。昨日は、恒例の"田舎パーティ"でした。

13時に学校を終えたら、車で郊外へ。20分ほど走れば、もう広々とした田園の中に飛び込みます。昔ながらの農園は、イタリア映画の一場面そのもの。ここに来たら、まずは腹ごしらえです。あの、おばあちゃんたちによる手料理が並んでいるからね!パンツァネッラ、蚕豆の煮込み、赤ピーマンの冷たいパスタ、鳥レバーの煮込み、自家製ワイン・・・。これこれ!これがたまらない!
他のフェスタは、送り迎えだけに限定してしまいがちだけれど、ここは特別。素朴だけれど、他では味わえないこの味が楽しみで、ボクもつい長居をしてしまいます。

子供たちにとっても、この広々とした田舎で過ごす一日は、格別のようです。特に今年は、5年間の小学校生活を締めくくるパーティとあって、特別の雰囲気が漂っていました。中学に行けば、離れ離れになる子もいます。中には、抱きしめ合って、大泣きする子も。Mahoも、なんだかセンチメンタルになるのでした。

太陽が落ちた後も、田舎の夕暮れは長い。ほんのりとした夕焼けの色がいつまでも残ります。19時、20時、21時・・・ 
「もう帰ろうよ・・・」 何度も声を掛けようとしたけれど、たくさんの蛍を追いかける子供たちを見ると、それはできませんでした。その度に、もう少しだけ、と思い直すのでした。
[PR]
by kotaro_koyama | 2006-06-10 19:17 | イタリア暮らし | Trackback | Comments(0)
Mi presento
d0036978_3473419.jpgMartedì 6 giugno 2006

"Mi presento"

Io sono una bambina che ha 7 anni. Mi chiamo Kei.
Sono di origine giapponese, ho i capelli neri, gli occhi neri e porto i capelli sempre legati.

Il mio fisico è: magro e piccolo.


「自己紹介」

わたしは、7歳の女の子です。名前はKeiです。
日本人で、黒髪、黒い眼、そしていつも髪の毛を結んでいます。

わたしの体は: 痩せていて、小さいです。

**********************************

Keiちゃんの宿題を覗きました。しばらく見ないうちに、字がとても上手になっていました。
[PR]
by kotaro_koyama | 2006-06-07 03:54 | イタリア暮らし | Trackback | Comments(1)
つかの間の
d0036978_15281749.jpgイタリアに帰ってきました。例によって、子供たちから大歓迎を受けました。でも、Rikiと一緒に遊べるのはたった一日だけ。また、しばらくのお別れです。

それを知ってか、知らずか、どこか不機嫌なRikiくんでありました。
[PR]
by kotaro_koyama | 2006-06-06 15:33 | イタリア暮らし | Trackback | Comments(1)
ひとまず
父の手術やり直し、終わりました。傷口、今度は上手くくっついてくれるかしら・・・。

今、成田。これからイタリアに帰ります。大きなガラス窓の向こうに、ボクの乗るJALの機体が見えます。

あ、親父を見捨てるわけではありませんよ。入れ違いに、妻とRikiが帰国する予定なんです。
[PR]
by kotaro_koyama | 2006-06-03 12:30 | 日本放浪 | Trackback | Comments(1)
もう一度
突然、病院から電話がありました。父にもう一度手術を施さなければならないというのです。

腹部を切開したわけですが、その傷口がうまくくっついていないのだそうです。歳なのか、大きなお腹が災いしたのか・・・。
順調に回復していたと思われたのに、改めて全身麻酔でお腹を縫い直すことになってしまいました。

「それじゃ、出発進行!」

と、病室を出る親父も、半ばヤケクソ。今度はうまくいくといいけど。

明日、イタリアに一旦帰る予定だったけれど、変更です・・・。
[PR]
by kotaro_koyama | 2006-06-01 18:21 | 日本放浪 | Trackback | Comments(2)


カテゴリ
子育て
バイリンガル
旅行
比較文化
イタリア暮らし
スポーツ
料理とレシピ
日本放浪
回想
ビデオ

最新のコメント
econeさん:放置ブロ..
by kotaro_koyama at 22:10
二人とも、また大人っぽく..
by econe at 12:39
econeさん:すっかり..
by kotaro_koyama at 22:13
はじめまして。 Rik..
by econe at 12:18
marinaraさん:今..
by kotaro_koyama at 15:39
「ふるさと」って何処なの..
by marinara at 22:33
いえいえ!まだまだ人生の..
by kotaro_koyama at 14:39
なんだか、哀愁を感じます..
by marinara at 23:09

お気に入り

フォロー中のブログ
 フランス生活便り
写真のこと
食いしん坊の日記
スマイル&ショット
楽子の小さなことが楽しい毎日
R's memorandum2
フィレンツェ田舎生活便り2
*ちょっとコーヒーでも*
HEROのアナログな生活
絵本の王国 - IL ...
アンジェリーナのちょっと...
くーまくーま3
グルグルつばめ食堂
* Avanti * ...

以前の記事
2016年 04月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
more...

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧