Maho20歳、Kei17歳、Riki12歳。イタリアで、一部ニッポンで、スクスク成長中。
by kotaro
<   2006年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
無事に
5月25日、手術当日。その日は、父の83回目の誕生日でもありました。

腹部大動脈を人工血管に置き換えるという手術。そのリスクは、1~2%と低いものと聞いても、やはり少しの覚悟をします。
それは父にしても同じようでした。言葉にこそしませんが、その日の朝は、いつもと違い、どこか落ち着きがありませんでした。

午前9時、お迎えが来ました。ベッドで運ばれていく父に、イタリア流にキスをしようかとも思ったけれど、看護婦さんたちの手前もあり、やっぱりそれはできなかった。その代わり、手をギュッと握り締めて・・・。

「それじゃ、がんばって」 
「うん」

あとは、ただ待つだけでした。


4時間後。

「終わりましたよ」の声で、ハッと眼を覚ましました。いつの間にか、うたた寝をしていたようでした。

集中治療室は、広々として、明るく、そして緊張感の漂うところでした。数人の医師や看護婦に囲まれたベッドへ近づくと、麻酔の中で昏々と眠る父がいました。少し苦しそうに口を動かしながら、眼を閉じています。痛そうではないけれど、決して、安らかな顔ではありません。そして、右手だけが動いていて、何かを掴もうとしているのです。それは、すぐそこにあるベッドの柵ではなくて、何か、もっと頼れるものを探しているかのようでした。

傍らに立つ看護婦さんが、「手術は成功ですよ」と伝えてくれます。喜んで、ホッとしなければいけないのでしょう。もちろん、嬉しい。
でも、何か落ち着けないのです。なぜだろう?

それは、亡き母の最期の姿を思い出したからでした。父のその姿が、亡くなる直前の、昏睡状態の母の様子に共通するものがあったのです。くも膜下出血で倒れ、突然、去っていってしまった母。あの時の強烈なイメージが頭に甦ってきて、目の前の父と、その時の母の姿が交錯してしまうのでした。

そして、この父も、いつかはこのような姿で他界して行くのだ、その日はそう遠くないのだ、と考えてしまって、心が締め付けられてしまうのでした。まるで、避けることのできないその日の予行演習をしているかのようで、いくら「手術は成功した」と聞いても、落ち着くことができないのでした・・・。

居たたまれなくなったボクは、そっと、父の額に手を置いて、「ボクだよ、手術は無事に終わったよ」と話し掛けてみました。

その声が聞こえたのかどうか、父は、「あぁ」と、返事らしき大きな声を出してくれました。でも、またすぐに、イビキをかいて眠ってしまうのでした。そして、その後は、何を話し掛けても答えてくれませんでした。

父の右手は、相変わらず、何かを探し続けていました。
[PR]
by kotaro_koyama | 2006-05-29 22:05 | 日本放浪
大きな木の下で
父は、膝の調子も悪いので、長い距離を移動するときは、車椅子を使います。以前は、「そんなもの!」と恥ずかしがって、乗ろうとしませんでしたが、今ではすっかりオトナシク座ります。それも歳でしょうか。

今日は、そんな彼を病院の外に連れ出しました。最初は面倒がっていましたが、しつこく誘うと、「じゃあ」と乗り気に。

誰もいない遊歩道を見つけました。背の高い木々が、ザワザワと揺れています。緑にあふれたトンネルの中を、ゆっくり車椅子を押していきます。父は、黙って、咲きかけた紫陽花に目を細めています。

なんだか、映画の一場面に溶け込んでしまったような気がしました。しみじみとしてしまいました。
[PR]
by kotaro_koyama | 2006-05-23 23:54 | 日本放浪
お詫び
日本とイタリアを行ったり来たりしているうちに、ブログ更新がすっかり億劫になってしまいました。

よく、他のブログを拝見すると、『しばらく更新しなくてすみませんでした』と謝りの言葉を見ます。そんなニホン人らしい低姿勢な言葉を見るたびに、好きでやっていること、何も誤ることなんかないじゃない、と思っていたのですが・・・。

しかし、自分自身の不真面目なブログに、一定数ある訪問者の数を見ると、やっぱりなんか申し訳ない気がしてくるものです。ああ、更新しなきゃ・・・って。

で、ボクもお詫びするわけです。
[PR]
by kotaro_koyama | 2006-05-22 21:19 | 日本放浪
Questo piccolo grande amore…
当面の予定が決まりました。父は、25日に手術をすることが決定。ボクは、11日にイタリアへ帰って、また入院直前に日本に舞い戻ってくることになりました。その、ボクのとんぼ返りの予定を、妻がKeiちゃんに話すと、

"Ci vai tu …!"  ママが日本に行ってよ…!

と言われてしまったそうです。口をへの字に曲げて、涙を目にいっぱい浮かべて。『Keiちゃん、パパの鞄の中に隠れて行く』って。

胸がキュンとなりました。
[PR]
by kotaro_koyama | 2006-05-09 10:27 | 日本放浪
電話
イタリアに残してきた家族とは、毎日スカイプしてます。本当に便利な時代になりました。

ボクは電話が嫌いなんだと信じてきたのですが、それって実は、電話代を気にしていただけのことだと気が付きました。
若い頃、「長電話するな!電話代がもったいない!」と親に言われたことが、心のどこかに潜んでいるのでしょう。普通の電話だと、どうも落ち着いて会話を楽しめない。その点、電話代を気にしなくていいスカイプだと、リラックスして喋れるのかもしれません。昨日も、気が付いたら1時間30分もMahoと話をしていました。

でも、ママや娘たちと話をしていると、すぐにRikiが邪魔に入ってくるんですよね。それはそれで落ち着かない。

「チョーダイ!」とマイクを取り上げては、「バンッバンッ!」ってピストル攻撃してくるRiki。お決まりの、「うぅっ・・・」をやって死んであげたら、大喜びで去っていきました。
[PR]
by kotaro_koyama | 2006-05-07 09:55 | 日本放浪
突然の
「イタリアに行くか!」

二人きりの病室。急に何を言い出すのかと思えば、わが父上は、ついに気が狂ったようです。

今まで、何度となくイタリア旅行に誘ったのに、いつも生返事だった彼。そして、二言目には、「早く帰って来い」の一点張りでした。その父が、重い腰を上げるというのです。それもただの旅行ではなく、人生最後をイタリアで過ごしてもいいと・・・。

「オマエ、なんとかしろよ」

思わぬ展開です。でも、嬉しさの反面、とても戸惑いました。実際、父を連れて、イタリアで暮らすことを考えると、話はそれ程簡単なものではありません。「暮らす」となると、問題は長旅だけではありませんから・・・。

まあ、まずは病気が完治してからだね。それから、ゆっくり考えようよ。
[PR]
by kotaro_koyama | 2006-05-05 18:58 | 日本放浪
病院から
いやあ、便利な時代ですね。どこにいっても、たいていPCが置いてあって、ネットにアクセスできる。ここは、病院の一角にあるインターネットポイント。10分間10円と、お値段もなかなかよろしい。

心臓外科・内科専門のこの病院、まだ建物が新しくて、ホテルみたいに気持ちがいいのです。そして、何よりスタッフの方々の対応が素晴らしい。非常に丁寧なんです。あっ、決してイタリアの病院と比較している訳ではありませんよ。日本の基準で比べての話です。かなり、「至れり尽くせり」だと思います。

そりゃ、イタリアと比べては失礼ですから…。
[PR]
by kotaro_koyama | 2006-05-01 20:42 | 日本放浪


カテゴリ
子育て
バイリンガル
旅行
比較文化
イタリア暮らし
スポーツ
料理とレシピ
日本放浪
回想
ビデオ

お気に入り

フォロー中のブログ
 フランス生活便り
写真のこと
食いしん坊の日記
スマイル&ショット
楽子の小さなことが楽しい毎日
R's memorandum2
フィレンツェ田舎生活便り2
*ちょっとコーヒーでも*
HEROのアナログな生活
絵本の王国 - IL ...
アンジェリーナのちょっと...
くーまくーま3
グルグルつばめ食堂
* Avanti * ...

以前の記事
2016年 04月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
more...

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧