Maho20歳、Kei17歳、Riki12歳。イタリアで、一部ニッポンで、スクスク成長中。
by kotaro
<   2005年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧
夏バテ
d0036978_17164733.jpg 
暑さのせいか、どうもブログ更新が滞ってしまいます。

今日は、Rikiに励まされて・・・。
[PR]
by kotaro_koyama | 2005-08-23 17:18 | 日本放浪 | Trackback(1) | Comments(7)
休暇
しばらく更新をサボってしまいました・・・。
この「休暇中」、旧友たちと千葉の館山へ行ってきました。彼らも、今ではそれぞれにパパ。皆で集まると、子供の多さに改めてビックリします。

子供同士って、一年も会わないと、すぐに忘れてしまうようです。最初は、ちょっとはにかんで。でも、またすぐに仲良く遊び始めます。まるでいつも一緒に過ごしているかのように。いいですね。

d0036978_959136.jpg
[PR]
by kotaro_koyama | 2005-08-19 10:00 | 日本放浪 | Trackback | Comments(0)
東京観光 4
東京案内最終日。だんだんネタも尽きてきます・・・。でもそんな時に頼りになるのが、インターネット。東京の観光丸ごとガイドというHPを見つけました。そのお勧めルートを参考に、今日は明治神宮から。

原宿の駅を降りると、コスプレギャルが出迎えてくれます。大きな鳥居をくぐれば、広々とした静かな神社。そしてその背後には、ノッポの高層ビル。日本の魅力は、昔と今が混沌と入り混じっているところですね。

表参道でショッピングした後は、お台場へ。ゆりかもめに揺られて、このプラモデルのような街を見物します。スイスからやって来た2人にとっては、神社仏閣もさることながら、こうした現代の日本も、負けず劣らず魅力的なようでした。

新橋のガード下で焼き鳥を食べたら、東京観光もおしまいです。新婚さんは、西へと旅立っていきました。
Keiちゃん、暑かったね。お疲れさま。

d0036978_12442040.jpg
[PR]
by kotaro_koyama | 2005-08-12 13:01 | 日本放浪 | Trackback(1) | Comments(3)
東京観光 3
今日は、趣向を変えて、東京の田舎へ。御岳山の麓にある、小澤酒造へ2人を案内することにしました。「澤ノ井」の名で知られる、300年余りの歴史を持つ造り酒屋です。ここでは、日本酒醸造の基礎知識を勉強して、酒蔵を見学することができます。

中に入ると、ぷ~んと懐かしい香りが。以前、イタリアで訪れたワイン蔵と同じものです。酒蔵に漂うアルコールの香りって、似ているんですね。

蔵の目の前には、多摩川の清流が流れています。利き酒をした後は、ちょっと川遊び。ほろ酔い気分の肌に、冷たい清流が心地よいのでありました。

d0036978_23415988.jpg
[PR]
by kotaro_koyama | 2005-08-10 00:04 | 日本放浪 | Trackback | Comments(0)
東京観光 2
スイスからやってきたソフィーとダミアン。東京見物2日目は、皇居からスタートです。それにしても、今日も暑い!皇居の広さを汗で実感・・・。

お堀や二重橋に感動するソフィーでしたが、「吹上御所を少しでも見ることができたらいいのに」と観光案内人は思うのでした。

東京国際フォーラムの建築を感嘆した後は、銀座のシンボル、ソニービルへ。最新電化製品を楽しみます。
AIBOで遊び続けるダミアン。その横では、日本人のお年寄りが、大画面TVの前に静かに座って、鮮やかな四季の色を楽しんでいました。

d0036978_16161328.jpg
[PR]
by kotaro_koyama | 2005-08-09 16:20 | 日本放浪 | Trackback | Comments(0)
東京観光 1
d0036978_24149.jpgスイスから、新婚さんが遊びに来ました。「居候」として、我が家の片隅に泊めてあげるだけのつもりでしたが、いざ来てしまえば、放って置くわけにもいきません。それに、ハネムーンに日本を選んでくれるとは、嬉しいではありませんか。東京見物のガイドをすることになりました。

第1日目、まずは無難に下町から。清澄庭園を散歩して、深川江戸資料館。実は僕、どちらも初めてでした。訪れたことのない所って、まだまだたくさんあるんだなあ・・・。

この資料館、江戸時代の生活ぶりが、実物大の町並みと共に再現されています。靴を脱いで、家の中に上がることもできます。空が暗くなって雨が降ったり、鶏の鳴き声が聞こえたり。なかなか楽しい所です。

深川と言えば、やっぱり深川丼。これもまた、初めて食べたんです。味噌味の中に、アサリがたくさん入って美味でした。でも、この新婚さんにはちょっと微妙な料理だったようです。日本料理に積極的な2人ですが、「汁の中に浸かっているご飯」というコンセプト、慣れないその食感に戸惑っておりました。

そして、富岡八幡宮を見学した後は、お決まりの浅草へ。初日としてはなかなかでしょ?

それにしてもアツかった!時差ぼけのカップルはもちろん、観光案内のお供をしてくれたKeiも、この酷暑にバテバテでございました。
[PR]
by kotaro_koyama | 2005-08-08 03:17 | 日本放浪 | Trackback(1) | Comments(2)
夏の想い出
父を囲んで、スイカを食べました。

毎夏帰ってくる孫たちを心待ちにしているおじいちゃん。
暑い太陽の下、庭先で種をぷっぷっと地面に吹き出しながら、チビたちとにぎやかに過ごす一時。毎年決まって行う『行事』の一つです。

そんな彼の横顔をファインダーに収めます。シャッターを切ります。一枚、そしてもう一枚。知らず知らず、いずれ訪れるであろう父亡き後のことを思う自分に気づきました。

「この瞬間も、きっといい想い出になるんだろうな」

そして、その気持ちを悟られたくないと思いました。とても寂しい気持ちになりました。

d0036978_9483125.jpg
[PR]
by kotaro_koyama | 2005-08-03 09:55 | 日本放浪 | Trackback | Comments(8)
お散歩
d0036978_1322568.jpg近頃、ますますパワーアップしてきたRiki。やっぱり男の子です。お姉ちゃんたちが小さかった頃とは、遊び方も違います。

誰が教えたわけでもないのに、クルマやボールが大好き。遺伝子に組み込まれているとしか思えません。これは、今までおままごとに付き合ってきたパパには新鮮な喜びです。やっと、オトコのアソビができるんだから!

1日でも家に閉じ込めておくと、ストレスを溜めるRikiくん。食欲も落ちてしまいます。

夕涼みに公園へ連れ出してあげたら、すっかりご機嫌を直してくれました。
[PR]
by kotaro_koyama | 2005-08-02 13:17 | 日本放浪 | Trackback | Comments(2)


カテゴリ
子育て
バイリンガル
旅行
比較文化
イタリア暮らし
スポーツ
料理とレシピ
日本放浪
回想
ビデオ

最新のコメント
econeさん:放置ブロ..
by kotaro_koyama at 22:10
二人とも、また大人っぽく..
by econe at 12:39
econeさん:すっかり..
by kotaro_koyama at 22:13
はじめまして。 Rik..
by econe at 12:18
marinaraさん:今..
by kotaro_koyama at 15:39
「ふるさと」って何処なの..
by marinara at 22:33
いえいえ!まだまだ人生の..
by kotaro_koyama at 14:39
なんだか、哀愁を感じます..
by marinara at 23:09

お気に入り

フォロー中のブログ
 フランス生活便り
写真のこと
食いしん坊の日記
スマイル&ショット
楽子の小さなことが楽しい毎日
R's memorandum2
フィレンツェ田舎生活便り2
*ちょっとコーヒーでも*
HEROのアナログな生活
絵本の王国 - IL ...
アンジェリーナのちょっと...
くーまくーま3
グルグルつばめ食堂
* Avanti * ...

以前の記事
2016年 04月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
more...

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧