Maho20歳、Kei17歳、Riki12歳。イタリアで、一部ニッポンで、スクスク成長中。
by kotaro
Adesso è ufficiale!
d0036978_21222972.jpg一昨日、幼稚園へ迎えに行くとRikiがパズルをしていました。愛する彼女と二人、仲良く肩を並べて。そう、彼女がRikiの恋のお相手、マリア・ルクレツィア。面食いな息子が目をつけただけあって、とっても可愛い美人さんです。

なんとも幸せそうなRiki。とても声を掛けられない! ・・・と、そこへマリア・ルクレツィアのお父さんも迎えにやってきました。

『教室に入らないの?』 とお父さん。
『いやぁ、息子がとても幸せそうで、とても声を掛けられなくて。家での話は、あなたの娘さんのことばかりですよ』
『あぁ、それはうちの娘も同じだよ』
『えっ?そうなんですか。てっきり片思いだとばかり・・・』
『いやいや。でもね、うちの娘は気が強いよぉ。今から注意しておくよ!』

小さな子供達のこととはいえ、『息子の彼女のお父さん』とそんな会話を交わすのは照れるというか、緊張するというか。しかも初対面だし。

そしてその時、教室の中で、マリア・ルクレツィアが先生に宣言をしたのでした: 『わたしの彼氏はRikiよ!』

それを聞いた彼女のお父さん: 『これで公認の仲というわけだ』

今まで一方通行だとばかり思っていたRikiの恋の、花が咲いた瞬間でした。

"Allora Riki, sei contento?"  (りき、満足か?)
"... sì ..."  (・・・ うん・・・)
"Ma di che cosa?"  (でも何のこと聞いてるか分かってるの?)
"Che Maria Lucrezia mi ama! ... Ma non è giusto che noi usciamo da qua!!!"
(マリア・ルクレツィアがボクを愛してるってことでしょ!でも、こっちから帰るのはダメだよ!!!)

Rikiは、彼女たちとは別の出口から幼稚園を後にしたことを嘆いているのでした。
一分、一秒でも長く一緒にいたい気持ち。若いって、いいねぇ・・・。
[PR]
by kotaro_koyama | 2008-09-21 21:48 | 子育て
<< 恋模様 Keiの場合。 幼稚園からの帰り道 【無修正版】 >>


カテゴリ
子育て
バイリンガル
旅行
比較文化
イタリア暮らし
スポーツ
料理とレシピ
日本放浪
回想
ビデオ

お気に入り

フォロー中のブログ
 フランス生活便り
写真のこと
食いしん坊の日記
スマイル&ショット
楽子の小さなことが楽しい毎日
R's memorandum2
フィレンツェ田舎生活便り2
*ちょっとコーヒーでも*
HEROのアナログな生活
絵本の王国 - IL ...
アンジェリーナのちょっと...
くーまくーま3
グルグルつばめ食堂
* Avanti * ...

以前の記事
2016年 04月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
more...

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧