Maho20歳、Kei17歳、Riki12歳。イタリアで、一部ニッポンで、スクスク成長中。
by kotaro
イタリア人らしく。
また移民問題がイタリアのニュースを賑わせています。一向に減少しない犯罪に不安を覚える市民の声が、右往左往する政府をちょっと強引な方向へと後押ししているのです。もちろん過ちを犯すのは外国人(不法移民者)だけではないことは皆がよく承知している。それにこの国の経済活動が最早移民の力無しには前に進まないことも、合法的に移民をすることがいかに困難か、も。でも、過ちの責任をガイジンに振り向けるのは一番手っ取り早い方法なわけです。

これ、移民の子として生きていくかもしれない子供を抱える身としては、どうしても注目してしまうテーマです。一連の報道を見ていると、移民とこの国の現実を正面から見据えていない国のシステムが、また付け焼刃の対応をしようとしているとしか思えません。そして、テレビの街頭インタビューを聞いていて悲しい気持ちになるのは、こんな言葉を聞いた時。

d0036978_19481770.jpg『特にこれといって問題を引き起こしているわけではないし、直接私が被害を被っているわけではないんだけれど・・・』

なんとなくイヤ。眼触り。気味が悪い・・・ 『何だかよく分からない』というのが、一番人の不安をかきたてるわけだ。そうそう、人は予測不能な動きをするものに不安を覚えると心理学の本で読んだことがある。鳥とか、ゴキブリとか。

言語、文化、宗教の違いなど、乗り越えなければいけない壁は高い。でも、『移民の労働力は助かるが、我が物顔で街をウロウロされるのは嫌・・・』 外見だけで判断する、そんな人が増えてしまったら。そして残念なことに、ボクたちの人間の心の中にはそんな気持ちの種が存在する・・・。この国でボクの子供達は幸せになれるだろうか。

『移民がどうこう』と言ったって、イタリアの過去を見れば、それは民族移動の波を被った長い歴史。色々な国の血が混じり合っている。北に行けば金髪が増えるし、南に行けば肌の色が濃くなる。『イタリア人らしい』イタリア人の外見なんて映画や雑誌が作り上げたものだ。

もし我が子がイタリアに住み続けて、『イタリア人っぽい』イタリア人と結婚して、その子供が生まれたら、その子はハーフの顔つきか。そしてその子がまた『正統派』イタリア人と子供をもうけたらクォーター。そして・・・

そしてボクの子孫は、いつの日か『イタリア人らしく』なってしまうのかしら?
[PR]
by kotaro_koyama | 2008-05-20 21:01 | イタリア暮らし
<< あの頃のように。 独り言 >>


カテゴリ
子育て
バイリンガル
旅行
比較文化
イタリア暮らし
スポーツ
料理とレシピ
日本放浪
回想
ビデオ

お気に入り

フォロー中のブログ
 フランス生活便り
写真のこと
食いしん坊の日記
スマイル&ショット
楽子の小さなことが楽しい毎日
R's memorandum2
フィレンツェ田舎生活便り2
*ちょっとコーヒーでも*
HEROのアナログな生活
絵本の王国 - IL ...
アンジェリーナのちょっと...
くーまくーま3
グルグルつばめ食堂
* Avanti * ...

以前の記事
2016年 04月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
more...

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧