Maho20歳、Kei17歳、Riki12歳。イタリアで、一部ニッポンで、スクスク成長中。
by kotaro
独り言
そうか・・・ このイタリアでの放浪、もう12年が過ぎたんだ。3人に増えた子供たちはいつの間にか大きくなって、12歳、9歳、4歳。『光陰矢のごとし』で、『親はなくとも子は育つ』、か。それにしても、子の将来を思う親には心配がつきないなあ。

d0036978_18574130.jpgイタリア語の成長に合わせるように日本語が崩壊していくMaho。もし今日本に帰ったら、天然ボケ色の強い彼女があの社会に溶け込むのはもう無理かもしれない。その限界点を超えてしまっているかもしれない。
じゃあこのまま?とりたてて得意なモノがあるわけでも、熱中するするコトがあるわけでもない。来年、イタリアの普通高校に進んで、それから?本人は大学へも行く気らしいけれど・・・

ママと一緒にがんばって日本語を勉強し続けているKei。彼女の強い性格なら、どんな世界でも生き残ってはいくだろう。でも・・・

落ち着いた性格で、観察眼鋭く、今のところは心配なさそうなRiki。けれどコイツだってすぐにMahoの歳になっちゃう。限界点を超える日がすぐに来てしまう・・・

このままこの狭い街に住み続けたら、子供たちは何をするんだろう。何ができるんだろう。日本人の顔をしたタダのイタリア人になる?でもその顔じゃ、フツーのイタリア人にはなれないだろう。
とりわけ優秀だったり、何か一つのことにこだわりを持って突き進む子なら、どんな所に住んでいてもいずれ頭角を現してくるだろう。でもそうでない普通の子供は?それに、水のないところに魚は住めないともいう。環境が大きく人を左右するのも確かだよなぁ。

1. 日本に帰る。でも・・・
2. 大きな街に移り住む。でも・・・
3. このままここに住み続ける。でも・・・

大きな3つの選択肢がまた目の前に現れてきた。そして、答えを先延ばしにする時間はもうなさそうだ・・・。
[PR]
by kotaro_koyama | 2008-05-06 21:06 | 子育て
<< イタリア人らしく。 スイスへ 【最終回】 家族愛 >>


カテゴリ
子育て
バイリンガル
旅行
比較文化
イタリア暮らし
スポーツ
料理とレシピ
日本放浪
回想
ビデオ

お気に入り

フォロー中のブログ
 フランス生活便り
写真のこと
食いしん坊の日記
スマイル&ショット
楽子の小さなことが楽しい毎日
R's memorandum2
フィレンツェ田舎生活便り2
*ちょっとコーヒーでも*
HEROのアナログな生活
絵本の王国 - IL ...
アンジェリーナのちょっと...
くーまくーま3
グルグルつばめ食堂
* Avanti * ...

以前の記事
2016年 04月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
more...

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧