Maho20歳、Kei17歳、Riki12歳。イタリアで、一部ニッポンで、スクスク成長中。
by kotaro
冬の時代
d0036978_22413211.jpg12月13日付The New York Times紙の記事は、イタリアにちょっとした衝撃を与えたようです。

『料理、ファッション、デザイン、美術・・・ あらゆる面で世界から愛されるイタリアなのに、イタリア人自身はこの国をちっとも愛していない。 "malessere"(不安)が、経済、政治、社会生活全般に蔓延して、イタリア人は、自分たちのことを西ヨーロッパの中で一番不幸せな国民と感じている。イタリアは、希望よりも不安ばかりが募る冬の時代に入った』

こうした内容で始まる一面扱いの長い記事。「衝撃」と言っても、そこに書かれていることは本当のことばかりでした。新聞Corriere della Seraのsondaggio(アンケート)結果を見ても、実に91%の人がNYT紙の言っていることは正しいと認めているのです。でも、自分ではよく分かっていること、痛い所をつかるとつい反論してしまいたくなるのは人間の性のよう。「そんなことはない」イタリアの大統領は、この記事にわざわざ反論をしていました。

記事に関連して、イタリア国民の不満を代弁するコメディアンBeppe Grilloへのインタビューも合わせてご覧下さい。

NYT紙の指摘は続きます。

『ローテクな生き方は観光客には美しく映るかもしれない。しかし、そこに暮らす国民にとってはどうだろう?インターネット普及率、給料、経済成長率、外国からの投資は、EU諸国の中でも最低水準にある。一方で、年金、財政赤字、政府機関にかかる経費は一番高いのだ』

イタリアが抱える問題は他にもあります。機能しない司法制度。言論の自由度が低いメディア。汚職。マフィア。脱税。流入し続ける移民に戸惑う社会。低い出生率と多数の高齢者。雇用不安。大学を出て30歳になっても安定した職がみつからず親元で暮らす若者が多い一方で、海外へ流出していく優秀な頭脳・・・

『国民のフラストレーションは、グローバル化した世界が急激に変化しているのに、居座り続ける古い社会のシステムに縛られてそのスピードについていけないことだ・・・このままでは、栄華を極めたベネツィア共和国と同じ運命をたどることになる。世界で一番美しかった国が、経済力を失った後、『無数の観光客に踏みつけられた美しい死体』に落ちぶれてしまったあの歴史だ。気をつけないと、イタリアは本当に観光客と年金生活者だけが暮らす国になってしまう・・・』

今朝、ペルージャには初雪が降りました。
amore, cantare, mangiare... 一昔前、明るい太陽に照らされ輝いていた美しい国は、ボクにとっても不満と不安が満ちる現実の国になりました。NYT紙が差し出した鏡に映る今日のイタリアは、化粧が落ちた灰色の素顔。

子供たちの顔を見ると、寒さが一層身に凍みます。
[PR]
by kotaro_koyama | 2007-12-15 22:46 | イタリア暮らし
<< 理想の街 あっと言う間に。 >>


カテゴリ
子育て
バイリンガル
旅行
比較文化
イタリア暮らし
スポーツ
料理とレシピ
日本放浪
回想
ビデオ

お気に入り

フォロー中のブログ
 フランス生活便り
写真のこと
食いしん坊の日記
スマイル&ショット
楽子の小さなことが楽しい毎日
R's memorandum2
フィレンツェ田舎生活便り2
*ちょっとコーヒーでも*
HEROのアナログな生活
絵本の王国 - IL ...
アンジェリーナのちょっと...
くーまくーま3
グルグルつばめ食堂
* Avanti * ...

以前の記事
2016年 04月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
more...

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧