Maho20歳、Kei17歳、Riki12歳。イタリアで、一部ニッポンで、スクスク成長中。
by kotaro
tutto a posto
d0036978_205776.jpgカーニバルのフェスタを終えて、Rikiがまた体調を崩しました。熱もないしたいしたことないだろうと、何もせずに放っておいたのですが、一向に元気になりません。医者を呼ぶことにしました。イタリアにはまだ、往診してくれるお医者さんがいるので助かります。

お腹をポンポン、お口をア~ン・・・
どうやら、たいしたことはなさそうです。処方箋を書いてもらいます。あっ、そうだ。ついでにアレを見てもらおう。

『先生、この子のおチンチンですが・・・』

そう、前から気になっていたんです。生後間もない検診で、ちょっと皮が被りすぎていると言われていたんです。その後、お風呂に入れる度に、引っ張ってみてはいたんです。が、どうも改善の気が見られない。オンナのママはもちろん、オトコのボクにとっても、その可愛いおチンチンをどこまで強く引っ張っていいのかわからない。自分のモノではないし…。でも、このまま成長してはマズイ。オトコにとっては重大なモンダイデス。

『ふむ。確かに。でも、もう遅いな・・・』 と先生。

え?遅いって…手遅れってこと…?と焦っていると、彼、おもむろにぎゅぅぅぅ~ってRikiのおチンチンの皮を力強くお剥きになられたんです。すると、空気に触れたことのない真っ赤な中身が現れました。ひぇぇ~。

"A posto."    (これでよし)

落ち着き払ったままのお医者様。え?もういいの?さっきの「手遅れ」ってのは何だよ!

ちょっと血が出て、大泣きのRikiでした。しばらくは、おしっこするのも嫌がっていたけれど、もう大丈夫。よかった、よかった。強引な先生に感謝しなきゃだね。元気になったムスコを見て、お父さんは一安心なのでした。
[PR]
by kotaro_koyama | 2007-03-01 20:42 | 子育て
<< 小旅行 saldi 2007 >>


カテゴリ
子育て
バイリンガル
旅行
比較文化
イタリア暮らし
スポーツ
料理とレシピ
日本放浪
回想
ビデオ

お気に入り

フォロー中のブログ
 フランス生活便り
写真のこと
食いしん坊の日記
スマイル&ショット
楽子の小さなことが楽しい毎日
R's memorandum2
フィレンツェ田舎生活便り2
*ちょっとコーヒーでも*
HEROのアナログな生活
絵本の王国 - IL ...
アンジェリーナのちょっと...
くーまくーま3
グルグルつばめ食堂
* Avanti * ...

以前の記事
2016年 04月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
more...

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧