Maho20歳、Kei17歳、Riki12歳。イタリアで、一部ニッポンで、スクスク成長中。
by kotaro
Buon Natale
ようやく幼稚園に慣れてきた様子のRikiですが、毎朝、相変わらず一泣きします。それは彼なりの挨拶なのでしょうか、幼稚園の門をくぐってお別れする時は、決まって 『ギャァ~〜!』

昨日は、クリスマス恒例の学芸会でした。親の顔を見たら、また大泣きするのかと心配したけれど、それは取り越し苦労でした。ニコニコして、手を振って、お友達とソリを引いて。イタリア語と英語のお歌も、少しだけ口を動かしていました。お姉ちゃんたちからも、教ったからね。

d0036978_19422819.jpgRikiは、KeiやMahoに比べると、やっぱりイタリア語の上達が早い。お姉ちゃん達のイタリア語会話を耳にしているのが大きいのでしょう。
今のところ、彼の母国語は日本語ですが、知らない言葉への壁が格段に低いのが分かります。面白いのは、イタリア語を真似ようとするところ。所々に知っている単語を混ぜながら、まったく意味のない音を、イタリア語風のイントネーションでまくし立てるんです。

『ハチャベチャレレジャ、カピ~ト!?』

お姉ちゃん達は、こういう「真似事」はしませんでした。

思えば、一番上のMahoは可哀相でした。小学校に上がっても、先生の言っている意味を100%は理解していませんでしたから。一年生の頃は、宿題が何なのか、分かっていないことが多かった。

二番目のKeiも、小さい頃は苦労していたようです。幼稚園二年目のある日、突然目をパッと輝かせて、『パピ、イタリア語って簡単だったんだね!』と言ったのを思い出します。とても嬉しそうでした。

それまでの彼女、幼稚園では、お友達の輪から少し外れたところで、皆のすることをジッと観察していたそうです。そして、この日を境に、クラスの中に飛び込んでいったんです。堰を切ったようにイタリア語を喋り始めて。

相変わらずヘタクソなイタリア語を喋るパパやママに代わって、2人の、やさしくて優秀な家庭教師がいるRikiは幸せです。
[PR]
by kotaro_koyama | 2006-12-23 20:44 | イタリア暮らし
<< 今年こそは Caro Babbo Natale >>


カテゴリ
子育て
バイリンガル
旅行
比較文化
イタリア暮らし
スポーツ
料理とレシピ
日本放浪
回想
ビデオ

お気に入り

フォロー中のブログ
 フランス生活便り
写真のこと
食いしん坊の日記
スマイル&ショット
楽子の小さなことが楽しい毎日
R's memorandum2
フィレンツェ田舎生活便り2
*ちょっとコーヒーでも*
HEROのアナログな生活
絵本の王国 - IL ...
アンジェリーナのちょっと...
くーまくーま3
グルグルつばめ食堂
* Avanti * ...

以前の記事
2016年 04月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
more...

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧