Maho20歳、Kei17歳、Riki12歳。イタリアで、一部ニッポンで、スクスク成長中。
by kotaro
è per te
d0036978_1628576.jpg昨日、僕のPCの前に座って、iTunesで音楽を聴いていたKei。お気に入りの"JOVANOTTI"を、体を揺らして、大声で歌っていました。

でも、ふと気がつくと、いつの間にかシーンとしています。振り返ると、ヘッドフォンをしたまま、大粒の涙をこぼしているのでした。黙って、口をへの字に曲げて、ぽろぽろと。

『どうしたの!?Keiちゃん!』

『・・・。 Rikiに会いたいのぉぉぉぉぉぉ~!』

号泣でした。PCを見ると、スクリーンセーバーに次々と現れるRikiの笑顔。それを見ていたら、遠く日本にいる小さな弟に会いたくなって、たまらなくなってしまったんですね。

『こっちにおいで、Kei。』

しばらくの間、抱きしめてあげました。僕の胸に顔をうずめて涙を流すKei。洗濯したばかりの綺麗なシャツにしみる彼女の涙。乾いてしまう前に、その冷たい感触を心に留めておこうと思いました。
[PR]
by kotaro_koyama | 2006-09-28 16:42 | イタリア暮らし | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ariak.exblog.jp/tb/3899405
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by EM at 2006-09-29 05:46 x
前の記事では,初めてだったのにご挨拶もせず,いきなり長々とコメントしてしまって,すみませんでした.いつも読ませていただいているうちに「初めて」という感覚がなくなってしまっていました.
結構たくさんの方がイタリアのことをブログに書いていらっしゃいますが,そういうのを読んでいて,イタリア人て感情の表現がとても素直なのだなぁと思っていました.そういう意味で,妹さん,とてもイタリア人らしく成長されていますね.何歳くらいからどういう環境に居たのか,子供の成長にはとても大きな要因なのだなぁと,改めて思いました.
そう考えると,今の日本は子供を歓迎していないように見えてしまいます.
Commented by kotaro_koyama at 2006-09-29 18:06
EMさん>Keiは、イタリア生まれ・育ちのせいか、持って生まれた気質なのか、感情表現がとてもストレートです。学校の先生に、『イタリア人よりもイタリア人らしい』なんて言われたことも。
日本にも、感情を抑えた日本独特の良さがありますが、時には素直に自分の気持ちを表現したいものです。
僕は、時に、イタリア人の子供の育て方、その甘やかした態度を批判しますが、それは逆に子供をとても歓迎している良い面の裏返しでもあるんですよね。イタリアの子供たちが、日本人よりものびのび育っていることだけは間違いないと思います。
<< 特等席 姉妹愛 >>


カテゴリ
子育て
バイリンガル
旅行
比較文化
イタリア暮らし
スポーツ
料理とレシピ
日本放浪
回想
ビデオ

最新のコメント
econeさん:放置ブロ..
by kotaro_koyama at 22:10
二人とも、また大人っぽく..
by econe at 12:39
econeさん:すっかり..
by kotaro_koyama at 22:13
はじめまして。 Rik..
by econe at 12:18
marinaraさん:今..
by kotaro_koyama at 15:39
「ふるさと」って何処なの..
by marinara at 22:33
いえいえ!まだまだ人生の..
by kotaro_koyama at 14:39
なんだか、哀愁を感じます..
by marinara at 23:09

お気に入り

フォロー中のブログ
 フランス生活便り
写真のこと
食いしん坊の日記
スマイル&ショット
楽子の小さなことが楽しい毎日
R's memorandum2
フィレンツェ田舎生活便り2
*ちょっとコーヒーでも*
HEROのアナログな生活
絵本の王国 - IL ...
アンジェリーナのちょっと...
くーまくーま3
グルグルつばめ食堂
* Avanti * ...

以前の記事
2016年 04月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
more...

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧