Maho20歳、Kei17歳、Riki12歳。イタリアで、一部ニッポンで、スクスク成長中。
by kotaro
今年も
d0036978_22414064.jpg     『新学年の始まりに - 通知 - 』

新学年の開始にあたり、ご両親に以下のお願いをいたします。

1. 朝、子供たちを学校に送り届ける際、担任の先生と話込むのを避けてください。子供たちの学業の差し支えになります。もちろん、特別な理由があり、許可を受けた場合は別ですが。

2. おやつは、子供たちに持たせるようにし、後から届けるのをやめてください。用務員の方々は、それを受け取って、それぞれの子供たちにおやつを配ることにとても苦労しています。

3. ご両親からの要望で、終業定刻よりも早く学校を出る子供たちについては、用務員が出口まで子供を送り届けます。ご両親の方々は、学校の中に入ってこないようにしてください。

*** *** *** *** *** *** *** ***

Keiが、こんな紙切れを持って帰ってきました。新学年が始まると、毎年、毎年、同じ通知の繰り返しなんです。

イタリア人の一面が、こんなことからもよく分かります。子供を甘やかした育て方、周囲を気にしないデシャバリぶりが・・・

我が家は、マイペースに、厳しく育てていきます。日本流に。
[PR]
by kotaro_koyama | 2006-09-19 22:59 | イタリア暮らし | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ariak.exblog.jp/tb/3839082
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by cibi_diary at 2006-09-19 23:45
イタリア中、割とどこでもそうなんですね。
親、(特に母親というイメージがありますが)が子供を甘やかし
過ぎてしまうというのは。
みんながみんなではないでしょうが、それは結局独り立ちできない
大人が育つ結果に繋がる気がします。

イタリア人のおおらかなところ、自分の出し方のうまさ、褒め上手、
楽しみ上手なところはとても良い、と思うのですが。

koyama家では、日本人の両親を持ち、イタリアに暮らすお子さん達が
イタリア、日本、双方の教育、価値観の良いところを取り入れて
育っていくと良いですね。
Commented by kotaro_koyama at 2006-09-21 18:49
cibi_diaryさん>はい。もちろんイタリア人にも、日本人にない良いところがたくさんあるのです。が、子供の育て方は・・・ 愛情たっぷり注いで良いともいえるのですが、子供の生活に親がでしゃばりすぎて、甘やかしすぎる傾向がありますね。
<< はやくぅ! Oh là là ! ! ! >>


カテゴリ
子育て
バイリンガル
旅行
比較文化
イタリア暮らし
スポーツ
料理とレシピ
日本放浪
回想
ビデオ

最新のコメント
econeさん:放置ブロ..
by kotaro_koyama at 22:10
二人とも、また大人っぽく..
by econe at 12:39
econeさん:すっかり..
by kotaro_koyama at 22:13
はじめまして。 Rik..
by econe at 12:18
marinaraさん:今..
by kotaro_koyama at 15:39
「ふるさと」って何処なの..
by marinara at 22:33
いえいえ!まだまだ人生の..
by kotaro_koyama at 14:39
なんだか、哀愁を感じます..
by marinara at 23:09

お気に入り

フォロー中のブログ
 フランス生活便り
写真のこと
食いしん坊の日記
スマイル&ショット
楽子の小さなことが楽しい毎日
R's memorandum2
フィレンツェ田舎生活便り2
*ちょっとコーヒーでも*
HEROのアナログな生活
絵本の王国 - IL ...
アンジェリーナのちょっと...
くーまくーま3
グルグルつばめ食堂
* Avanti * ...

以前の記事
2016年 04月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
more...

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧