Maho20歳、Kei17歳、Riki12歳。イタリアで、一部ニッポンで、スクスク成長中。
by kotaro
夏山へ
d0036978_9195546.jpg『八方尾根の麓にさ、モンピジョンっていうパン屋があるから、そこで待ち合わせよう』

旧友Mの誘いは、いつも唐突。そしてボクは、いつもその手に乗ってしまうんです。今回の企画は、夏山とのこと。さて、どうなることやら…。

梅雨明けと共に、中央道を一路、長野へ向かうことになりました。お互い、子供を連れて、奥さんは家に残して。Rikiもお留守番です。MahoとKeiにとって、山登りは初めての経験。さて、お気に召してくれるかな?

待ち合わせ場所のパン屋を、ようやく見つけると、『ゴンドラへ急ごう!まだ登れるだろ?』とM。あれ?今日は泊まるだけじゃないの?もう午後の2時だよ?でも、彼は一度言い出したらなかなか後には引きません。黙って、八方尾根のゴンドラに飛び乗りました。

リフトに乗り換えて、更にぐんぐん登っていくと、懐かしい黒菱小屋が!Mと共にスキーに熱中した大学時代が、甦ります。

第1ケルンでリフトを降りると、案の定、もう下山する人の列ばかりでした。当然です…。Mとの行動は、いつだって常識外れなんです。

八方池まで行きたかったけれど、やっぱり時間がない。第2ケルンまでのお散歩でお茶を濁しました。

でもね、Keiちゃん、ここだってもう標高2000mもあるんだよ!
[PR]
by kotaro_koyama | 2006-08-03 09:43 | 日本放浪 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ariak.exblog.jp/tb/3492364
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hirocakep at 2006-08-03 14:24 x
Mも相変わらずだなww
Commented by kotaro_koyama at 2006-08-03 21:12
hirocakepくん>そうそう、まったく変わりません…
Commented by mokomoko_t at 2006-08-03 21:15
八方に行かれたんですか?さぞかし涼しかったことと思います。
実は数年間、ここの近くに住んでいました。
毎日山を見ながらの生活・・・。たぶんMahoちゃんやKeiちゃんより
もう少し大きい頃です。
そんな多感な時期には狭い世界でした。
でも本当に健康になりました。
良い休暇をお過ごし下さい。
Commented by kotaro_koyama at 2006-08-03 21:45
mokomoko_tさん>そうですか!白馬は、いい所ですよね。青木湖など、雰囲気が良くて好きです。
子供には、自然いっぱいのところで暮らしてあげるのも一つの選択肢かな、と思うのですが、『狭い世界』との天秤にかけると、なかなか難しい選択で、なかなか踏み切れないんです…。
<< 夏山へ その2 お手伝い >>


カテゴリ
子育て
バイリンガル
旅行
比較文化
イタリア暮らし
スポーツ
料理とレシピ
日本放浪
回想
ビデオ

最新のコメント
econeさん:放置ブロ..
by kotaro_koyama at 22:10
二人とも、また大人っぽく..
by econe at 12:39
econeさん:すっかり..
by kotaro_koyama at 22:13
はじめまして。 Rik..
by econe at 12:18
marinaraさん:今..
by kotaro_koyama at 15:39
「ふるさと」って何処なの..
by marinara at 22:33
いえいえ!まだまだ人生の..
by kotaro_koyama at 14:39
なんだか、哀愁を感じます..
by marinara at 23:09

お気に入り

フォロー中のブログ
 フランス生活便り
写真のこと
食いしん坊の日記
スマイル&ショット
楽子の小さなことが楽しい毎日
R's memorandum2
フィレンツェ田舎生活便り2
*ちょっとコーヒーでも*
HEROのアナログな生活
絵本の王国 - IL ...
アンジェリーナのちょっと...
くーまくーま3
グルグルつばめ食堂
* Avanti * ...

以前の記事
2016年 04月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
more...

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧