Maho20歳、Kei17歳、Riki12歳。イタリアで、一部ニッポンで、スクスク成長中。
by kotaro
「怖い」
「イタリアでの出産は、怖い」
奥さまはそう言って泣きました。でも産みました、いえ、産ませました。懲りずに、また。
d0036978_1748096.jpg

前回の出産でひどい目に会い、疑心暗鬼の彼女。それはそうです。激しい陣痛に苦しむ妊婦を廊下に放ったまま、看護婦は携帯で無駄話するような国ですから…。でも幸い、イタリア二度目の出産は無事に終わりました。

人が生を受ける瞬間は、何度見ても感動します。慣れているつもりでも。そして、子育てってすぐに忘れてしまうものなんです。特に生まれたての赤子の扱いは…。

「はいっ、じゃあお父さん産湯お願いね!」って助産婦さんに、ひょいっと赤子を渡されてオロオロしてしまうのは、3人目でも同じことでした。

出産自体より、今でも強烈に覚えているのが、その後の看護婦さん。生後2日目、まだ授乳の時間でないのに大泣きする息子を片手であやしながら、なんとコップで水をグイッと。ひえーっ、いきなりコップですか!
息子はといえば、「ゲボゲボ」と溺れながら飲んで、更に大泣きしていました。

でも、そのお陰で、コップで飲むのがすぐに上手になりました、ね。
たくましく生きろよ。
[PR]
by kotaro_koyama | 2005-04-28 04:18 | 子育て
<< ユートピア 新しく >>


カテゴリ
子育て
バイリンガル
旅行
比較文化
イタリア暮らし
スポーツ
料理とレシピ
日本放浪
回想
ビデオ

お気に入り

フォロー中のブログ
 フランス生活便り
写真のこと
食いしん坊の日記
スマイル&ショット
楽子の小さなことが楽しい毎日
R's memorandum2
フィレンツェ田舎生活便り2
*ちょっとコーヒーでも*
HEROのアナログな生活
絵本の王国 - IL ...
アンジェリーナのちょっと...
くーまくーま3
グルグルつばめ食堂
* Avanti * ...

以前の記事
2016年 04月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
more...

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧