Maho20歳、Kei17歳、Riki12歳。イタリアで、一部ニッポンで、スクスク成長中。
by kotaro
負けるもんか!
d0036978_182728.jpg日本からサッカー少年たちがやって来ました。14歳の子供たちがぶつかりあう、国際的なトーナメントに参加するためです。イタリアから参加しているのは、ユベントスやインテル、ミランといった有名チームの下部組織。14歳とは言っても、中には、もう180cm以上の背丈のある選手もいます。セリエA選手とまったく同じユニフォームに身を包んだ選手たちは誇りに満ちていて、既にプロ意識すら感じられます。

そんな子供たちの試合を観戦していたら、イタリア人と日本人の、スポーツに対する考え方、美意識の違いを改めて強く感じさせられました。

"負けはしたけれど、いい試合をした"ら、日本ではそれなりの評価を受けることができると思います。でも、そんな褒め言葉は、イタリアでは通用しません。いくらいい試合をしても、いいプレーを見せても、負けてしまえば非難の山。それがイタリアです。勝てば官軍。

勝ち負けばかりにこだわりすぎるのもどうかと思います。でも、「勝敗」があらゆるスポーツにつきまとう要素の一つである以上、勝負にこだわる気持ちがなくては楽しみも半減でしょう。

選手たちが激しくぶつかり合う横で、Keiが楽しそうにボールをドリブルしていました。そんな彼女も、とにかく負けず嫌い。どんなズルをしてでも勝とうとするその根性は、血なのか育ちなのか。どちらにしても、その性格は、このイタリアにぴったりはまっているようです。

今日は、「人間の本能とスポーツの魅力」を思考する一日となりました。
[PR]
by kotaro_koyama | 2006-01-07 18:35 | スポーツ
<< 記憶 後姿 >>


カテゴリ
子育て
バイリンガル
旅行
比較文化
イタリア暮らし
スポーツ
料理とレシピ
日本放浪
回想
ビデオ

お気に入り

フォロー中のブログ
 フランス生活便り
写真のこと
食いしん坊の日記
スマイル&ショット
楽子の小さなことが楽しい毎日
R's memorandum2
フィレンツェ田舎生活便り2
*ちょっとコーヒーでも*
HEROのアナログな生活
絵本の王国 - IL ...
アンジェリーナのちょっと...
くーまくーま3
グルグルつばめ食堂
* Avanti * ...

以前の記事
2016年 04月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
more...

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧