Maho20歳、Kei17歳、Riki12歳。イタリアで、一部ニッポンで、スクスク成長中。
by kotaro
呼び名
d0036978_02445607.jpgイタリアには同じ名前の人がたくさんいます。聖人にちなんで命名された人が多いからですね。フランチェスコ、マルコ、カルロ、マリア、キアラ・・・ 普段の生活では相手を名前で呼ぶのが一般的ですが、学校の同じクラスに同じ名前の子が三人、四人いることも珍しくありません。だからかな、先生は生徒のことを苗字で呼ぶのですね。そして生徒同士も苗字で呼び合ったりします。

友達同士二人で話をする時は、基本的に名前で呼び合います。でも子供たちの会話を聞いていると、時にわざと苗字を使い合う時があって、そこには逆に親しみの意味が含まれていて、感じられて、聞いていてちょっと興味深いです。

ところで、ゴルフに熱中しているお父さん。試合で色々な人と一緒にプレーする際、毎回自己紹介するわけです。でも「KOTARO」の発音が難しくて、どこにアクセントがあるんだ、イタリア語に訳せないのか、とかよく聞かれます。そうねえ、じゃあ「KOTA」でいいよ、ほら、イタリア人の苗字にもあるでしょ、「コータ」って。すると、おー、そうだなー、じゃあ「コータ」で行こう!ってなる訳ですが、それがね、18ホールを回るうちにいつの間にか、「カート」になってることが多くて。カートとかカトーとか、まあこれは人によるけれど、たいていの場合「加藤」に聞こえるんですよね。

自分がいいプレーをしている時はあまり気にならないんだけど、調子の悪い時に「カートっ!」って呼ばれると・・・『あのね、ボクは加藤じゃありません!コヤマですっ!』やり場のない怒りをぶつけたくなるのであります。そう一昨日も・・・


[PR]
by kotaro_koyama | 2014-10-14 03:07 | イタリア暮らし
<< 雲に。 不本意 >>


カテゴリ
子育て
バイリンガル
旅行
比較文化
イタリア暮らし
スポーツ
料理とレシピ
日本放浪
回想
ビデオ

お気に入り

フォロー中のブログ
 フランス生活便り
写真のこと
食いしん坊の日記
スマイル&ショット
楽子の小さなことが楽しい毎日
R's memorandum2
フィレンツェ田舎生活便り2
*ちょっとコーヒーでも*
HEROのアナログな生活
絵本の王国 - IL ...
アンジェリーナのちょっと...
くーまくーま3
グルグルつばめ食堂
* Avanti * ...

以前の記事
2016年 04月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
more...

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧