Maho20歳、Kei17歳、Riki12歳。イタリアで、一部ニッポンで、スクスク成長中。
by kotaro
無念
初めてのオリーブ摘み、次の日も頑張った。頑張ったのだけれど、一人だけの仕事は遅いし、文字通り「大変」だ。この日はKeiも一緒に来たのだが、手伝う気持ちはまるでゼロ。Rikiと一緒にスパイごっこか何かをして草むらを飛び回っている。僕は木の上に登って、一つ、また一つ。あの高い所にあるやつ、あぁあの一粒が・・・

午後五時。収穫できたオリーブの実は、初日の分と合わせてプラスチックの籠二箱だけ。これじゃあ目標の100kgには程遠い。木の枝のあちらこちらにはまだオリーブの実がちらほらとあるけれど、あれを全部穫ったとしてもせいぜい10kgほどだろう。もう駄目。もう力尽きた。

早速、近所にあるオリーブオイル工場に持ち込む。車のトランクを開けた途端、工場のおじさんが、冷たく一言。「これじゃあ君だけのオイルは絞れないな」もちろんそうは思っていたけれどさ。それは疲れた身体に鞭だよ、それは。

大きな秤の上に、籠を乗せる。Rikiが期待の眼差しで針を見つめる。「えーっと・・・ quaranta... due... えーっ、よんじゅうにきろ!?」100kg目指して頑張ろうね、って言っていたからまさかそんなに少ないとは思わなかったらしい。更に籠の重量を差し引いたら、正味はたったの39kgだと聞いて、Rikiはがっかりしている。その目を見たら、僕は更にがっかりだ。

「週末に他の人の分と合わせて絞るから、週明けに取りにおいで。どれくらい絞れるか分からないけれど、4〜5kgだろう」

帰り路、Rikiが言う。「パピ、でもまたオリーブの実を摘んで持って行ってもいいんでしょ?」うん、もちろんいいんだよ。でももうあまり残っていないよ。来年、全部の木が実をつけて、豊作になることを祈ろうね。そうしたら100kgどころか、400kgくらい穫れちゃうと思うよ。きっと。きっとね・・・

d0036978_17355368.jpg

[PR]
by kotaro_koyama | 2012-11-03 18:04 | イタリア暮らし
<< やさしい気持ち 猫の手を借りて >>


カテゴリ
子育て
バイリンガル
旅行
比較文化
イタリア暮らし
スポーツ
料理とレシピ
日本放浪
回想
ビデオ

お気に入り

フォロー中のブログ
 フランス生活便り
写真のこと
食いしん坊の日記
スマイル&ショット
楽子の小さなことが楽しい毎日
R's memorandum2
フィレンツェ田舎生活便り2
*ちょっとコーヒーでも*
HEROのアナログな生活
絵本の王国 - IL ...
アンジェリーナのちょっと...
くーまくーま3
グルグルつばめ食堂
* Avanti * ...

以前の記事
2016年 04月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
more...

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧