Maho20歳、Kei17歳、Riki12歳。イタリアで、一部ニッポンで、スクスク成長中。
by kotaro
超現実
d0036978_1957325.jpg朝、いつものようにバールでコーヒーを飲んでいると、地震のニュース。

「え!こりゃ相当の揺れだよ!」 目を丸くするバールのおじちゃん。

「でも日本では地震なんて日常茶飯事だよ」 笑い飛ばし、帰宅する。その時は震度の数字を聞いても実感が湧かなかった。

MACを開いて、日経新聞を見る。
「なんだこりゃ」

まるで戦争が勃発したかのような異様に大きい見出し。同時に日本にいる妻からメールが入る。「怖かった!まだ手が震えている」

あわててスカイプをつける。机の下に潜ったままの妻が映る。Mahoが起きてきた。「なにやってんの、ママ・・・え、地震? 」

テレビをつけるとイタリア各局でも当然トップニュースだ。NHK海外国際放送に切り替える。生中継で見る津波。フェースブック。Twitter。次々と情報が流れ込んで来る。日本にいるのと同じ、いや下手したらそれ以上のスピードで。

電話が全然つながらないと妻が言う。でもこのスカイプのビデオ通話は全然問題ない。「あ〜、また揺れてる!」画面の向こうで妻が震えている。

「だから日本に帰るの嫌だって!」

捨て台詞を残し、Mahoが学校へ出かけて行った。
[PR]
by kotaro_koyama | 2011-03-11 20:32 | イタリア暮らし | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://ariak.exblog.jp/tb/13107112
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 更紗 at 2011-03-12 02:11 x
会社を5時に出て、2時間歩いて、1時間バスを待って、やっとバスに乗ったら1時間動かなくて、それから地下鉄が動いて0時過ぎに帰宅しました@都内(途中に計2時間ほど休憩を挟む)

で、まだ余震が・・・・

でもね、知らない人たちと和気藹々と新宿を目指して歩いて、コンビニやバスも綺麗に並んで、交通などの情報を交換し合って、まだ日本人は大丈夫だと思ったよ!



Commented by kotaro_koyama at 2011-03-12 03:02
更紗さん:お疲れさまです・・・ 東京のような大都会で災害があると本当にたいへんですよね。僕も昔は遠距離通学&通勤をしていたから帰宅難民の苦労痛い程分かります。ご無事で何より。

イタリアも日本のニュース一色です。やっと一面にベルルスコーニの汚い顔が出てこなくて嬉しいなんて冗談も聞かれるくらい。哀悼の意はもちろんですが、こんな大災害にあっても落ち着いた行動を見せる日本国民に大きな敬意が寄せられています。そう、「まだ日本人は大丈夫」。麻穂にも、日本の偉大な文化、国民性を身につけて欲しいと思っています。
Commented by Haino at 2011-03-12 04:04 x
今日は震えながらネットを見ていました。

友人からたくさんの言葉をかけられましたが、
妙に冷静に受け答えしているのは、
日本は10年単位で大地震を経験してきて
いるからでしょうか。

Skypeやtwitter で安否を確認し、
その日のうちに Wikipedia の記事が、
しかも数十カ国語で現れる。
カンニングどころで騒いでいる場合ではありません。

イタリアでは、原発の問題が妙に強調されている
印象でしたが、これを原発反対の根拠にするのではなく、
むしろ、これほどの大地震でも大丈夫と自信をもつべき
かもしれません。

今日は、大変な一夜を明かしている方も多いでしょうし、
これから次々と被害が明らかになるかしれませんが、
日本頑張れ!と、遠くから応援せずにはいられません。
Commented by kotaro_koyama at 2011-03-12 04:44
Hainoさん:おお、初コメント頂き感激です。今日は改めてインターネットの大きな力を痛感しました。確かに原発問題強調されてますね。イタリアで法律180度変えて建設しようとしてますからね、ちょっと今回の地震を利用して反対の声を高めようと考える人たちもいるでしょう。でも確かにこれだけの被害の中、今のところ大きな問題になっていない原発建設運営技術は凄いかもしれません。しかしあんな海沿いにあって、津波を受けなかったのかな?

兎にも角にも、がんばれニッポン!
Commented by M.N at 2011-03-12 10:27 x
私は高速道路を降りたところで、犬と一緒に駐車場で地震にあいました。神戸の200倍ぐらいのエネルギーだそうです。今朝から余震も頻発しています。地面が目の前でひび割れていきました。昨日までのくだらない日常生活が、なんて穏やかでいとおしいものかわかりました。多分、日本が蒙った経済的な被害も、未曾有のこととなりそうです。駄目だといわれていた民主党の動きが、ものすごくすばやく、アメリカと原発の冷却剤まですりあわせをしていたのが、せめてもの救いでした。そして隣国、韓国の素早い協力にも驚きました。被災者も災害支援や救急も、無言で黙々と働いています。パニックになる人もいませんでした。叫んでいたのは私と私のダックスフントだけでした。
Commented by kotaro_koyama at 2011-03-12 22:40
M.N.さん:ワンちゃんも異常を感じたんでしょうね・・・ ご無事で何よりです。原子力発電所が心配ですね・・・ 遠い国から1日も早い復興を願うばかりです。
<< 予定は未定にして決定にあらず。 カウントダウン >>


カテゴリ
子育て
バイリンガル
旅行
比較文化
イタリア暮らし
スポーツ
料理とレシピ
日本放浪
回想
ビデオ

最新のコメント
econeさん:放置ブロ..
by kotaro_koyama at 22:10
二人とも、また大人っぽく..
by econe at 12:39
econeさん:すっかり..
by kotaro_koyama at 22:13
はじめまして。 Rik..
by econe at 12:18
marinaraさん:今..
by kotaro_koyama at 15:39
「ふるさと」って何処なの..
by marinara at 22:33
いえいえ!まだまだ人生の..
by kotaro_koyama at 14:39
なんだか、哀愁を感じます..
by marinara at 23:09

お気に入り

フォロー中のブログ
 フランス生活便り
写真のこと
食いしん坊の日記
スマイル&ショット
楽子の小さなことが楽しい毎日
R's memorandum2
フィレンツェ田舎生活便り2
*ちょっとコーヒーでも*
HEROのアナログな生活
絵本の王国 - IL ...
アンジェリーナのちょっと...
くーまくーま3
グルグルつばめ食堂
* Avanti * ...

以前の記事
2016年 04月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
more...

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧