Maho20歳、Kei17歳、Riki12歳。イタリアで、一部ニッポンで、スクスク成長中。
by kotaro
男やもめに蛆がわき、女やもめに花が咲く
d0036978_19184628.jpgという訳で、この9月からボクたちは新しい生活をしている。ママは一人日本で、そしてボクたちはここイタリアで。事情は公開しないけれど、別に離婚した訳でも別居している訳でもない。ボクたち家族とは別の、とは言ってもやはり家族内の問題だ。

お父さんが単身赴任、というのはよく聞くけれど、お母さんが長期間不在でお父さんが家庭を守る、というのはあまり聞かない。少なくとも日本では。

もちろんイタリアでも「奥様はどうしたの?え!そうなの・・・たいへんねぇ」とこの状況を珍しがられるし、心配もされる。でもこの国、こんな男やもめでも、肩身の狭い思い、というか、必要以上に注目はされることはない。学校の送り迎えに来る親の半分はお父さんたちだし、習い事の送り迎えの担当も、その多くがお父さんたちだからかもしれない。

Rikiの同級生エネアのお父さんの存在が嬉しい。奥さんはローマ近郊でアグリツーリズモを経営していて、週のほとんどが不在。だから子供の側にはいつだってお父さんが一人だ。近所のそんな存在が妙に心強く、ホッとする。周囲がこうだと、子供たちが好奇の目で見られることもないのだ。

「心配」してくれるのは、近所のおばちゃん達だ。バールのおばちゃん、肉屋のおばちゃん、八百屋のおばちゃん。このおばちゃん達、「男やもめ」を気遣ってか、以前にも増して優しい。手間が省けるよう丁寧に下処理をしてくれる肉屋のおばちゃん。新しいレシピを教えてくれる八百屋のおばちゃん。子供たちの将来を心配してくれるバールのおばちゃん・・・ お父さん仲間と優しいおばちゃん達に支えられ、ボクは毎日を過ごしている。


ところで、「やもめ」という言葉。未婚、または離婚・死別して一人で暮らす男女を指すらしい。だから正確にはボクは男やもめではない。子供たちとも一緒だし。

「やもめ」の正確な定義はさておき、ここイタリアの我が家、少なくともまだウジはわいていない。遠く日本で、奥様が花を咲かせているかどうかは不明だけれど・・・
[PR]
by kotaro_koyama | 2010-09-30 19:34 | イタリア暮らし
<< 罠 今日の君 >>


カテゴリ
子育て
バイリンガル
旅行
比較文化
イタリア暮らし
スポーツ
料理とレシピ
日本放浪
回想
ビデオ

お気に入り

フォロー中のブログ
 フランス生活便り
写真のこと
食いしん坊の日記
スマイル&ショット
楽子の小さなことが楽しい毎日
R's memorandum2
フィレンツェ田舎生活便り2
*ちょっとコーヒーでも*
HEROのアナログな生活
絵本の王国 - IL ...
アンジェリーナのちょっと...
くーまくーま3
グルグルつばめ食堂
* Avanti * ...

以前の記事
2016年 04月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
more...

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧