Maho20歳、Kei17歳、Riki12歳。イタリアで、一部ニッポンで、スクスク成長中。
by kotaro
ベビーシッター
6月11日。3ヶ月におよぶ長い夏休みに突入したイタリアの学校。

『パピィ、あそぼぉ!』『パピィ、見てぇ!』『パピィ、公園行こう!』『パピィ!パピィ!!パピィ!!!』

d0036978_2312151.jpg最初の3日間でこちらは既にボロボロ。もう大きいMahoは別にしても、毎日毎日朝から晩までチビ2人の相手をするのは、かなりの精神的タフさが求められる。「3日間だけで何を」とも思うけれど、この毎日がこれから3ヶ月間続くことを考えると、その先の長さにヘコタレてしまうのかもしれない。

という訳で、共稼ぎでないどころか両親共に常に在宅の我が家でさえ、子供たちをどこかに預ける必要性を強く感じる。「スープの冷めない」じゃないけれど、親と子供、お互いに健康的な心を保つためにはある程度の距離が必要なのだ。

もちろんそんな必要性に駆られる親はたくさんいる訳で、この時期、周囲は子供から離れる為のたくさんの企画で溢れている。

我が家が選んだのは市内にあるテニスクラブのサマーキャンプ。朝8時から9時の間に子供を捨て、午後1時から2時の間に拾いに行けばよい。テニスはもちろん、プールにピンポン、ゴルフ、バスケット等々で子供たちを楽しませてくれる。1週間1人あたり65ユーロ也。Tシャツ1枚、帽子1つのおまけ付き。高い?安い?

子供たちの、いや、親の笑顔を見る限り、決して高い出費とは言えないようだ。


(NOKIA E52にて撮影)
[PR]
by kotaro_koyama | 2010-06-16 23:09 | 子育て
<< さようなら 我が家の3Dテレビ >>


カテゴリ
子育て
バイリンガル
旅行
比較文化
イタリア暮らし
スポーツ
料理とレシピ
日本放浪
回想
ビデオ

お気に入り

フォロー中のブログ
 フランス生活便り
写真のこと
食いしん坊の日記
スマイル&ショット
楽子の小さなことが楽しい毎日
R's memorandum2
フィレンツェ田舎生活便り2
*ちょっとコーヒーでも*
HEROのアナログな生活
絵本の王国 - IL ...
アンジェリーナのちょっと...
くーまくーま3
グルグルつばめ食堂
* Avanti * ...

以前の記事
2016年 04月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
more...

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧