Maho20歳、Kei17歳、Riki12歳。イタリアで、一部ニッポンで、スクスク成長中。
by kotaro
遠足日和
まるで日本の梅雨のような天気が続いていたイタリアだったけれど、ここにきてようやく5月らしい陽気が戻ってきた。それに合わせるかのように、昨日は子供たちの遠足があった。Rikiは、またまたFATTORIA(農園)へ。そしてKeiはFIRENZEへ。フィレンツェへ遠足、いや社会科見学なんて日本人のお父さんから言わせると洒落ている。前日には、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会の絵を描いて、ダンテについて勉強をしていたKei。フィレンツェは家族で何度も行ったことあるけれど、友達とワイワイ歩くのはまた格別だろう。何を見たのかな、何を聞いたのかな? Keiのデジカメを覗いてみる。街の風景も何枚か写っているけれど、印象に残ったのはやはり友達の笑顔だった様子。キアラ、アンナ、ソフィア、ステファノ、ピエトロ・・・ 中でも愛するジョヴァンニのクールな横顔。それはこの日も特別だったようだ。
d0036978_17412531.jpg

[PR]
by kotaro_koyama | 2010-05-26 17:44 | イタリア暮らし | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ariak.exblog.jp/tb/11185647
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ぎんた at 2010-05-26 22:54 x
はじめまして。いつも素敵なご家族写真を拝見させて頂いております。
写真って、その人の興味がすごく映されますよね(*'ー'*)
すごく楽しそうな遠足ですね☆
Commented by kotaro_koyama at 2010-05-27 06:28
ぎんたさん: コメントありがとうございます。写真って、そう、やっぱりその人が興味ある物、見る物を写し出しますからね。だからこそ他人の、特に自分の子供の写真は面白いです。
Commented by ayaco at 2010-05-31 00:41 x
フィレンツェへ遠足ですか!なんて素敵な、贅沢な社会見学!!わたし、サンタクローチェの斜め前に住んでました!!
私にとってはただただ憧れの街ですが、ずっとイタリアで育ったkeiちゃんの目には、どんな街として映っているのでしょうか?やっぱり私たちが京都に行った時に感じる感覚に似ているのでしょうか??

友達との楽しい時間が伝わってきますね~~。
Commented by kotaro_koyama at 2010-05-31 17:36
ayacoちゃんはフィレンツェにも住んでいたんだ、知らなかった。平らでいいよねぇ、フィレンツェは。Keiの心に残ったのは、街の風景よりもSPECOLA美術館で見た人体解剖蝋人形だったようです。特に男性の大事な部分が目に焼きついたようで、帰ってきてからその部分について色々と質問をされました。その後はお風呂へ入ろうとする僕をジーッと観察して・・・。
<< Cena di fine anno 未来予想図 >>


カテゴリ
子育て
バイリンガル
旅行
比較文化
イタリア暮らし
スポーツ
料理とレシピ
日本放浪
回想
ビデオ

最新のコメント
econeさん:放置ブロ..
by kotaro_koyama at 22:10
二人とも、また大人っぽく..
by econe at 12:39
econeさん:すっかり..
by kotaro_koyama at 22:13
はじめまして。 Rik..
by econe at 12:18
marinaraさん:今..
by kotaro_koyama at 15:39
「ふるさと」って何処なの..
by marinara at 22:33
いえいえ!まだまだ人生の..
by kotaro_koyama at 14:39
なんだか、哀愁を感じます..
by marinara at 23:09

お気に入り

フォロー中のブログ
 フランス生活便り
写真のこと
食いしん坊の日記
スマイル&ショット
楽子の小さなことが楽しい毎日
R's memorandum2
フィレンツェ田舎生活便り2
*ちょっとコーヒーでも*
HEROのアナログな生活
絵本の王国 - IL ...
アンジェリーナのちょっと...
くーまくーま3
グルグルつばめ食堂
* Avanti * ...

以前の記事
2016年 04月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
more...

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧